ストレス 健康・メンタル

深呼吸の効果がバカにできない!?ストレス解消や安眠のサポートに!

こんにちは、大自然の空気でお腹をいっぱいにしたいワチイツキです。

時間に追われ続けるストレスフルな現代社会。息苦しさやイライラ、不安や焦りに加え、身体に何かしらの不調を感じている人も多いのでは?

ただ、ストレスを発散したくても、多忙なせいでまずその時間を取ることがなかなか難しい。

そんな人にこそオススメしたいのが「深呼吸」。

近年、深呼吸がもたらすストレス発散・リラックス効果など様々な健康効果が注目されています。実際、私も精神的に追い詰められていた時期に実践してみたところ、心身共に浄化された気分になれて大分助けられました。

ということで今回は、深呼吸がなぜストレス解消に適しているのか、他にどんな効果をもたらしてくれるのかを紹介させていただきます。

これまでよりもずっとストレスをコントロールしやすくなりますよ。

 

呼吸が浅くなってません?現代社会はストレスが付き物

「現代人の心は疲れている」とよく言われます。ストレスを抱えている人は多く、その原因は本人の性格に加え、環境も強く影響しています。

平成29年に実施された労働者健康状況調査では、仕事・職業生活で強いストレスを感じている人が58.3%いたそうです。

つまり2人に1人は強いストレスに晒されているということ。軽度のものを含めればもっと増えるでしょうし、ストレスって仕事以外の日常でも感じることは結構あります。

それに、現代ってデジタル化が高度に発展したこともあって、様々な媒体を通じて大量の情報が入ってくるので、脳が常にお疲れ状態だったりするんですよね。

テレビ・ラジオ・新聞だけでなく、インターネットが加わったことが大きい。さらにメールやSNSの普及によって、他人とのコミュニケーションが容易になったため、四方八方から波状攻撃されているかのように情報の波が押し寄せてきます。

感情や思いは脳から生まれるものですから、脳が疲れりゃ心も疲れる。

 

ストレスを溜め込むリスク

このブログ内で度々説明させていただいてますが、ストレスが体調不良を引き起こす理由というのは、交感神経と副交感神経からなる自律神経のバランスの乱れが大きく関わっています。

高いストレスの中に居続けると、活発になった交感神経が優位な状態になり、ストレスホルモンをぷんぴつしやすくしてしまうんです。

するとどうなるかと言うと、肩・首・背中などのコリ、頭痛・鈍重感、不眠、食欲不振など、様々な不調を招くリスクが高まります。呼吸も浅くなるため、息苦しさを感じることも珍しくありません。

しかも、自律神経っていったんバランスが乱れると修復が非常に難しいのも特徴。

そういった特徴もあり、放っておくと交感神経が優位な状態が続いてしまうので、リラックスモードの神経である副交感神経の働きを促す必要があるんです。

そこで試して欲しい方法が「深呼吸」

浅い呼吸状態のときに、意識的に深く息を吸って・吐くことで副交感神経の働きが活発になり、乱れたバランスを整えることができます。

 

「深呼吸」はストレス解消に効果的

なぜストレスを抱えてる人に「深呼吸」が良いのかというと、呼吸で心拍数をある程度コントロールできるからです。

深呼吸すると体から力が抜けるように、緊張状態を緩和させる効果を期待できます。

体が緊張状態で鼓動がドキドキ激しくなってるときは、交感神経が優位に働いている状態。

この状態のときにゆっくり深く深呼吸を何度か繰り返すと、上がっていた心拍数を下げることができ、副交感神経が優位に働き交感神経による興奮を抑えることがでるんです。

また、副交感神経が優位になると、幸福ホルモンと呼ばれる神経伝達物質「セロトニン」の分泌量も増加します。鬱など心の病を予防する働きがあり、ストレス軽減効果をより高めてくれますよ。

ただ、意識的に深呼吸をするのが辛い人もいると思います。そんなときは、「ため息」でも十分な効果を期待できます。

ため息は、ストレス状態が続くことによって呼吸が浅くなった場合に、吐き出されず溜まってしまった息を吐き出し、緊張状態を緩和しようとする無意識的な行為なんです。意識してため息をするのはどうかと思いますけど、無意識下でのため息は体が必要と判断してやってることですから。

ため息をついて息を吐いたあとに、大きく息を吸うようにして、そのままの流れで深呼吸にもっていくのも良い方法です。

深呼吸の良いところは、場所も時間も選ばず気軽にできるところにあります。意識しながら吸う・吐くを繰り返すことで、心のバランスを整えることができ、良い状態にスイッチを入れることが出来ます。

この深呼吸によるリラックス効果を高めるポイントとしては、なるべく腹式呼吸を心がけること。

 

こんな効果も

深呼吸をすることで得られる良い効果で最もイメージしやすいのは、リラックス効果やストレス解消効果だと思います。

この心身をリラックス状態にするということが、実は様々な良質な健康効果に繋げられるんですね。

深呼吸は心を落ち着かせることができます。それを例えば就寝前に数回繰り返すことによって、寝付きが良くなり、睡眠の質を高めることができるなどの、「安眠効果」をもたらしてくれます。

しかも、深呼吸をすることで体の隅々まで新鮮な酸素を行き届かせることで、損傷した細胞の修復・再生をサポートする成長ホルモンの分泌を促す言われています。

するとどうなるかと言うと、肌のターンオーバーが促進して美肌を保つことができるんです。このように、深呼吸には「美容効果」もあることが分ります。深呼吸で老廃物を吐き出して、しっかり睡眠をとることで、肌を美しい状態に保つことができるということ。

加えて、ストレッチに合わせて深呼吸を組み込めば「血行促進効果」にも繋がり、ひいては体をポカポカ温めやすくできるので「冷え性の解消」にも効果を期待できますよ。

 

リラックス効果を高める深呼吸のやり方

  1. まずは口から息を全部吐き出す
  2. 1~3秒で鼻から息を吸う
  3. 口をつぼめて10秒数えながらゆっくり息を吐く
  4. 3~5回繰り返す

まずは息を吐き出すことによって、副交感神経が優位に働きやすくなります。それに、息を全部吐き出せば、自然とたくさん空気を吸うことができますしね。

このとき、腹式呼吸を意識しながら行うことでより効果的な深呼吸を実践できます。

そうすることで、体から緊張が抜けていく感覚を実感でき、リラックス状態にすることができるんです。

深呼吸をするときは、吐く・吸うことだけに集中することが大切

 

まとめ

ストレスを抱えてるときに深呼吸をすると、心のバランスを整えることができ、新鮮な空気を取り込めるので気持ちをリラックスさせることができます。

この方法の何より良いところは、いつでもどこでも気軽に実践できるということ。

しかも、リラックス効果、デトックス効果、安眠効果、美容効果、血行促進効果、冷え性の解消など、手軽でありながら期待できる効果が非常に多いのも嬉しい。

仕事や緊張する場面で心を落ち着かせたいときに試したり、朝と就寝前など習慣に取り入れてみるのも良いですよ。

誰でも気軽に実践できるストレスケア法。ストレスにお悩みの方は是非「深呼吸」を試してみてください。

この辺りでおわりっ!

-ストレス, 健康・メンタル

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5