10月 まとめ・厳選

10月7日のミステリー記念日は小説家○○の命日【おすすめミステリー漫画も紹介】

10月7日のミステリー記念日の由来&エドガー・アラン・ポーとの関係&おすすめミステリー漫画

✓ミステリー記念日っていつ?
✓由来となった推理小説家とは誰?

こんな疑問を解消します。

 

10月7日は『ミステリー記念日』!いまや小説に限らず、漫画でも大人気のミステリーというジャンルに記念日があったんです。

その背景には、推理小説の生みの親として知られる小説家エドガー・アラン・ポーが関係しています。

 

今回は、ミステリー記念日の由来とおすすめのミステリー漫画をご紹介します。

ミステリー記念日とは|エドガー・アラン・ポーの亡くなった日

10月7日はミステリー記念日です。

語呂合わせにちなんだ記念日というわけではなく、この日は超有名推理小説家の忌日。

 

その人物とは、ミステリー小説の先駆者といわれ、推理小説というジャンルを生み出したアメリカの小説家【エドガー・アラン・ポー】

1849年の10月7日はエドガー・アラン・ポーが亡くなった日です。

 

亡くなったポー氏の忌日を偲ぶとともに、彼の功績を讃える意味で、この日が「ミステリーの日」として制定されました。

これは本国アメリカではなく、日本オリジナルの記念日です。

 

エドガー・アラン・ポーってどんな人物?

エドガー・アラン・ポーは当初ヨーロッパで評価を受けていた小説家ですが、出身はアメリカ。詩人、評論家、編集者でもあります。

今でこそミステリー・推理小説の大御所ですが、実はSF・ファンタジー・怪奇など様々なジャンルで名作を残しているんです。

 

ミステリー作家として評価が高い理由は、やはりポー氏が1841年に発表した短編小説『モルグ街の殺人』でしょうね。

それまで推理小説というジャンルは存在していなかったようで、その原型となった世界初の推理小説だといわれています。ミステリー・推理小説の開祖!

 

モルグ街の殺人に登場する探偵で、名探偵の元祖とされているオーギュストデュパンは、ホームズをはじめ後の探偵像に少なからず影響を与えています。

同様にストーリー構成や設定も後の推理小説家たちに多大な影響を与えており、このようなことが今日の評価に繋がっています。

 

エドガー・アラン・ポー作品の一例

  • 黒猫
  • アッシャー家の崩壊
  • 黄金虫
  • ウィリアム・ウィルソン
  • マリーロジェの謎

 

記念日に読みたいおすすめミステリー漫画3選

小説家エドガー・アラン・ポーにちなんでミステリー・推理小説を読むのもいいですが、同ジャンルなら漫画にも面白い作品はたくさんありますよ。

ミステリと言う勿れ(著:田村 由美)

『7SEED』『BASARA』の田村由美先生による推理漫画。

天然パーマの探偵役の青年が、謎や矛盾に対して「僕は常々思ってるんですが…」と語りはじめ、淡々と饒舌に推理を展開(しゃべり倒す)する内容です。

 

最も特徴的なのは主人公である久能 整(くのう ととのう)というキャラクター。コロンボを思わせるひょうひょうとした様子の変人で、よく言えば観察眼が鋭い。悪くいえば細かすぎる屁理屈屋といった感じ。

 

で、とにかくしゃべる!しゃべる!

観察眼が細かく、博識、トーク力も高いので、漫画の中では語りが多い部類だけどもっと聴きたくなる…。

推理は淡々としていながら舞台劇のようなクセになる面白さがあり、次々遭遇する事件の謎を解き、人間関係の悩みも解きほぐしていきます。

 

応天の門(著:灰原 薬)

学問の神と崇められている菅原道真(すがわらのみちざね)、伊勢物語で知られる在原業平(ありわらのなりひら)の凸凹コンビが、都を騒がす数々の怪奇事件を解決していく作品。

 

バディに菅原道真と在原業平をチョイスするという意外性と新鮮味が秀逸。人付き合いが苦手な本の虫とプレイボーイのユニークコンビです。

この2人以外にも藤原家を中心とした歴史上の人物が多数登場します。

 

事件は基本的に当時恐れられていた鬼とか怨霊の類の騒動。ただ、実際は人間が起こしていた事件で、業平を持ち込んでくる厄介事を、探偵役でオカルトを信じていない道真が「馬鹿げてる…」と事件を解決していきます。

史実での道真の最期を知ってる方も多いでしょうから、事件の真相だけでなく宮中劇にも興味が尽きません。

 

虚構推理(著:城平 京)

数あるミステリー作品の中でも、異色な推理を展開する伝奇ミステリー。

怪異、妖怪の類が引き起こした事件を、知恵の神である岩永琴子と、怪異にさえ恐れられる桜川九郎のコンビが、奇想天外な怪奇事件を解決してきます。

 

推理して事件の真実を解き明かすのが推理作品。ところが、本作は嘘を積み重ねて真実を作り出す内容。虚構で真実をねじ伏せる作品なのです。

正統派のミステリーではありません。推理ではなくとんち、ミステリーのルールを無視した屁理屈バトルとも言えるかも。「嘘から出た誠」という言葉がピッタリ。

 

怪異側の主人公2人が、虚構ながら辻褄の合った論理を構築し、偽りの真実を組み上げて怪異の現象を否定していく様子が見事で面白い。

また、クーデレな九朗と押せ押せな琴子の恋愛模様、これもまたすごくいい。

 

ミステリー記念日にはせっかくだからミステリー・推理作品を楽しもう!

10月7日はミステリー記念日。その背景には、推理小説の先駆者として現在でも讃えられているエドガー・アラン・ポーがいたんですね。

この日はポー氏の命日になります。

 

ミステリー記念日には、モルグ街の殺人や黒猫など、彼が残した作品を楽しむのも良い過ごし方だと思います。

また、小説もいいですが、漫画にも面白いミステリー作品はたくさんありますので、漫画も好きな自分としては是非読んで欲しいですね。

 

小説、漫画、映画など、思い思いの形でミステリーを楽しむ1日にしてみてはいかがでしょうか。

-10月, まとめ・厳選
-

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5