5月

母の日に送るメッセージの文例集【実母と義母それぞれの文例と注意点】

母の日に送るメッセージの文例を実母・義母別に紹介

✓母の日のメッセージは何を書けばいいの?
✓お義母さんには何て書こう?

こんな悩みを解消します。

 

母の日は、お母さんに日頃の感謝の気持ちを伝える絶好の機会です。感謝のメッセージを手紙やカードにして、プレゼントと一緒に贈ろうと考えている方もいるでしょう。

でも、いざ書こうすると上手く気持ちを文章にできないこともあると思います。また、義母に贈るメッセージは実のお母さん以上に悩むものです。

 

このページでは、母の日に送るメッセージの書き方、すぐ使える文例を実母と義母に分けてご紹介します。

 

母の日に実母と義母に送るメッセージを書くポイント

母の日のメッセージを書くポイント。実母と義母それぞれの注意点

メッセージを書き始める前にチェックしておきたいのは、相手が実母か、それとも義母か、どちらに向けたメッセージなのかです。それぞれ共通する注意点もあれば、微妙に異なるポイントもあるので、書く際は気を付けてください。

 

相手が実母である場合と共通のポイント

POINT

  • 一言でも良いから手紙やカードを添える
  • 日常の感謝や気遣い、家族の近況を伝える
  • なるべく手書きで書く
  • お子さん(孫)がいる場合は子供にも一言書いてもらう

メールやSNSでサラっと言葉を交わせる時代だからこそ、手書きの手紙は深く印象に残ります。パソコンで作成したり市販のメッセージカードを贈るより、心がこもったメッセージとして気持ちが伝わるはず。

「ありがとう」「いつも元気でいてね」…そんなシンプルな一言でも親は嬉しいものです。母の日に貰って嬉しかった物ランキングでも、手紙は必ず上位にランクインしています。家族の近況を伝えたり、ここ最近感じた日常の感謝を伝えるのが一般的です。

もしお子さんがいるのなら、子供に一言書いてもらうのも良いでしょう。孫からの手紙は一生の思い出として宝物になります。

 

相手が義母の場合のポイント

POINT

  • 「お義母さん」ではなく「お母さん」と書く
  • 滅多に会えないなら家族の近況を伝える
  • パートナーの呼び方は「●●さん」
  • 名前は夫婦連名にする

メッセージは手書き、感謝や気遣いを書くなど、基本的なところは実母のときと同じです。でも、細々とした注意点があるので気を付けてください。

宛名は「お義母さん」ではなく「お母さん」を推奨。「お義母さん」だと距離や壁を感じさせてしまうかもしれないからです。義母にも「お母さん」と呼ぶことで距離がグっと縮まります。

メッセージの中でパートナーに触れるときは「さん」付けの呼び方が基本。子供を立ててもらえるのは素直に嬉しいものです。名前は夫婦連名にすることで、プレゼントやメッセージを夫婦で一緒に考えたというアピールにもなります。

感謝や近況に加えて、次また会える日を楽しみにしてる事が伝わる一言を添えておきましょう。

 

実母へのカード・手紙で使えるメッセージの文例

母の日で実母宛に仕えるメッセージの文例

■メッセージ文例1 同居してるお母さんに向けて

お母さんいつもありがとう。普段は照れくさくてなかなか言えないけど、お母さんには感謝の気持ちでいっぱいです。体に気をつけていつまでも元気で暮らしてね。お母さんの子供に生まれて本当に良かった。

お母さん、いつも美味しいご飯を作ってくれて(家事を頑張ってくれて)ありがとう。これからはもっと助けになれるように頑張るから、たまにはゆっくり休んでのんびりしたり、お友達と遊びに行って楽しんでください。いつまでも元気で長生きしてね。

 

■メッセージ文例2 離れて暮らすお母さんに向けて

お母さんいつもありがとう。一人暮らしを始めて改めてお母さんの優しさ、ありがたみ(家事の大変さ)がわかりました。どんな時も笑顔で「おかえり」と出迎えてくれて、「いってらっしゃい」と送り出してくれてありがとう。これからも健康に、元気でいてください。

お母さんいつも優しく見守ってくれてありがとう。なかなか会えないけど、お母さんの応援があるから頑張れる。話したいことたくさんあるから、また落ち着いたら会いに行くね。健康に気を付けていつまでも元気でいてください。

 

■メッセージ文例3 母親になった娘からお母さんへ

お母さんへ。私を育ててくれたことに感謝しています。私も母親になって、育児の大変さと共に、お母さんの偉大さがよくわかるようになりました。いつも温かく見守ってくれてありがとう。よき理解者でいてくれてありがとう。子供の、孫の成長を一緒に見守るためにも、元気で長生きしてください。

 

■メッセージ文例4 苦労をかけたお母さんへ

お母さん、今まで随分と苦労を掛けました。これからは僕に甘えたり、頼ってくださいね。まだまだ親孝行は出来ていませんので、絶対に元気でいてください。これからの人生も一緒に楽しみましょう。

 

義母へのカード・手紙で使えるメッセージ文例集

母の日の義母宛に仕えるメッセージの文例

■メッセージ文例1 お世話になってるお義母さんへ

お母さん、いつも私たち2人を気にかけていただいてありがとうございます。まだまだ至らない事も多いと思いますが、お母さんの存在をとても心強く感じています。これからもいろいろ教えてください。

お母さんいつもお気遣いいただきありがとうございます。お母さんのおかげで助かることも多く、本当に感謝しております。日頃の感謝を込めて○○さん(旦那さんの名前)と一緒にプレゼントを選んだので、よければ使ってください。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

■メッセージ文例2 遠方に住むお義母さんへ

お母さん、ご無沙汰しております。お変わりなくお過ごしでしょうか。私たち家族はおかげさまで元気に過ごしております。子供たちは~【子供や家族の近況を報告】~になりました。またお盆の時には○○さん(夫・妻)と子供と一緒に顔を見せに行きますね。

いつもお気遣いありがとうございます。母の日ということで、ささやかではありますが○○さん(夫・妻)と2人でプレゼントを選びました。次の帰省のときに、またお母さんにお会いできることを楽しみにしています。

 

■メッセージ文例3 子育てをサポートしてくれるお義母さんへ

お母さんへ。いつも子供たちがお世話になっております。お母さんのおかげで安心して仕事に復帰することができました。日頃の感謝の気持ちを込めて、○○さん(夫、子供、家族)と一緒に選んだ「○○(プレゼント)」を贈ります。これからもどうそよろしくお願い致します。

 

■メッセージ文例4 療養中のお義母さんへ

お母さん、お元気ですか。その後、腰(療養中の部位)の具合はいかがでしょうか。なかなか帰省できず申し訳ありません。もし痛みがひどくなったり、大変なことがあったらすぐに連絡してください。母の日に合わせて、プレゼントとお花を贈らせていただきました。お母さんがいつも元気でいてくれることが、私たち家族みんなの願いです。

 

母の日には心を込めたメッセージをお母さんに贈ろう

母の日には一言でもいいので、感謝の気持ちを込めたメッセージを送りたいですね。恥ずかしいかもしれませんが、お母さんは子供や孫からの感謝が何より嬉しいもの。

「日頃感謝していること」「一人暮らしを始めて気づいたこと」「結婚・出産・育児を経験して分かったこと」など、お母さんへの感謝の気持ちをそのまま伝えるだけ。

どうしても苦手な方は、この記事で紹介した文章例を下地にして、ご自身の経験や想いを置き換えてみると書きやすくなりますよ。

普段は恥ずかしくてなかなか言えない「ありがとう」を、母の日に伝えてみてはいかがでしょうか。

 

母の日の関連記事はこちらにまとめてあるので参考にしてください

母の日の関連記事まとめ

おすすめ記事予算1万円で選ぶ母の日おすすめプレゼント【実用品や特別な時間を過ごせるギフト】

 

-5月
-

© 2024 暮らし道標 Powered by AFFINGER5