10月

ハロウィンとはどんなお祭り?【カボチャの飾りや仮装をする意味も解説】

ハロウィンの意味や由来|ジャックオーランタンって?仮装するのはなぜ?

✓ハロウィンってどんなお祭り?
✓ジャック・オー・ランタンって?どうしてカボチャなの?
✓何で仮装するの?

こんな疑問を解消します。

 

秋の代表的なイベントになりつつある『ハロウィン』。日本では仮装パレードが特に盛り上がっていますね。

また、カボチャのランタンを飾ったり、「トリック・オア・トリート」と言って子供たちがお菓子を貰うイベントとしても有名。

そんな楽しいイメージが強いハロウィンですが、本来はどんなお祭りなのでしょうか?

 

そこで今回は、ハロウィンの意味・由来をはじめ、仮装やジャック・オー・ランタンの目的など、ハロウィンにまつわる素朴な疑問を簡単に解説します。

ハロウィンはいつ?

ハロウィンはいつ?10月の何日?

「そういえばハロウィンって何日だっけ?」と、10月秋のイベントであることは知っていても、正確な日にちが分からない事もあると思います。

 

ハロウィンの日にちは毎年同じ。

POINT

➥ 10月31日

10月の末日ですので覚えやすいと思います。ハロウィンは一定の期間に渡って行われるお祭りではなく、基本的には10月31日と決まっています。

 

とは言っても、実際は本場海外だと数週間前くらいから街やお店はハロウィン仕様に飾られ、パーティーやイベントも盛んになりますが…。

近年は日本でもハロウィン風に飾られているお店をよく見かけるようになりました。

 

ハロウィンとは|意味や由来

ハロウィンの意味や由来

「ハロウィン(Halloween)」とは、キリスト教の諸聖人の日「万聖節(ばんせいせつ)」の前夜、毎年10月31日に行われているお祭り。

「ハロウィーン」「ハローウィン」「ハロイン」と呼ばれることもあります。

万聖節(諸聖人の日)とは

キリスト教すべての聖人を崇敬する祝日。日本でいうところのお盆に近く、死者の魂が家に帰ってくる日。

 

その起源は紀元前の古代ケルト民族の時代にまで遡ります。

ケルト民族の宗教「ドゥルイド教」が行っていた儀式「サウィン祭」が起源と考えられています。

 

起源は古代ケルト民族のサウィン祭

サウィン祭とは、夏の収穫を祝い、悪霊を追い払う”新年”のお祭り。

古代ケルト暦では、「昼の長い春と夏」と「昼の短い秋と冬」というように、1年を2期に分けていました。

 

そして、現在のハロウィンでもある10月31日は大晦日にあたる日。翌日11月1日を新年と位置付けていたのです。

  • 11月1日は祝祭
  • 10月31日はサウィン祭の前夜祭

新年の前夜には死者の世界の扉が開き、先祖の霊が家族のもとに帰って来ると信じられていました。

お盆と違うのは、一緒に悪い妖精や悪霊も自由に行き来すると考えらえれていた点。悪霊は作物や家畜に悪さをしたり、子供をさらっていくと考えられていたんです。

 

そこで、ケルトの神官ドルイドは古い火を消して新しい火を焚き、篝火で作物と動物を焼いて神に捧げました。

その灰で顔を黒く塗って、仮面をかぶったり仮装をして身を守り、魔除けの火を囲んで盛大に祭ったそうです。一説では、悪霊を驚かせて追い払うためともいわれています。

これがハロウィン仮装の原型ですね。

 

キリスト教との融合でHalloweenが生まれる:ハロウィンの語源

その後、キリスト教のカトリック系がケルトを侵略すると、異教徒であるケルトの宗教を自分たちの宗教に取り込んでいきました。

サウィン祭も取り込まれる中で形を変えて、キリスト教圏でも広がっていきます。

 

そこで、カトリック教皇は当時5月13日に行われていた諸聖人の日「万聖節」を11月1日に変え、サウィン祭を諸聖人の日の前夜として残しました。

ハロウィンの語源

諸聖人の日は英語で「All Hallows」。諸聖人の日の前夜は英語で「All Hallows Evening」。後に、「All Hallows E'en」に縮まり、それが訛って「Halloween(ハロウィーン)」になりました。

また、「Haoolws(神聖な)」と「Evening(夜)」が合わさり、「Halloween」になったという説もあります。

 

そして、ケルト移民はアメリカに渡ると、ハロウィン文化が娯楽的なイベントとしてアメリカで人気を博していきます。

 

かぼちゃの「ジャック・オー・ランタン」の由来

ハロウィンのシンボルといえば、目・口・鼻をくり抜いて中にキャンドルを灯したカボチャのランタン…「ジャック・オー・ランタン」

 

ジャック・オー・ランタン自体はケルト時代から存在したのですが、現在のようなカボチャを使ったコミカルな姿とは若干異なります。

カブ瓢箪を人の顔の形にくりぬき、その中に燃える石炭をいれたものでで、見た目はちょっと不気味。

 

これにはアイルランドの伝承が由来しています。

昔、ジャックという悪いことばかりする男がいました。

ハロウィンの夜にジャックは魂を奪おうとする悪魔と出会うも、ずる賢いジャックは悪魔を騙し、死んでも魂は取らないと約束させるのでした。

その後、寿命を迎えたジャックでしたが、生前の行いが悪いばかりに天国には行けません。仕方なく地獄へ向かうも、悪魔と約束を交わしたことで地獄にも入れてもらえない事に。

悪魔から元居た場所に戻れと言われ、仕方なく戻ろうとするも真っ暗で道が見えません。

悪魔に地獄の火を分けてもらったジャック。それをくりぬいたカブに入れてランタンを作り、ジャックはそのランタンを持っていつまでも彷徨い続けたのでした。

これがジャック・オー・ランタンの起源。

 

いつしかジャックのランタンは「魔除けの火」と伝わり、悪魔を祓う魔除けとして飾るようになりました。

 

アメリカでカボチャのジャック・オー・ランタンが確立

現在の有名なかぼちゃを使ったジャック・オー・ランタンを確立したのはアメリカです。

 

19世紀、ケルト移民がアメリカに渡ると、一緒に伝わったハロウィン文化が娯楽性のイベントとして人気に!

そのため、現在のハロウィンに宗教的な意味合いはほとんどありません。日本版ハロウィンなんて特に・・・。

 

ジャック・オー・ランタンの伝承がアメリカに伝わると、

POINT

  • カブや瓢箪 ➡ 現地で生産が盛んだったカボチャ
  • 石炭 ➡ キャンドル

というように使用するものが変化して、「かぼちゃのJack o' Lantern」が誕生したのです。

 

現在では、善霊を引き寄せ、悪霊達を遠ざける効果があるとして、家の前に飾るようになっています。

 

どうして仮装するの?

魔女やお化けなど、どうしてハロウィンで仮装するのか?

ハロウィンといえば「仮装」も醍醐味ですが、どうしてお盆のような行事で仮装する必要があるのでしょうか?

 

先ほども述べた通り、ハロウィンでは死者の魂が家族のもとに帰ってくるのですが、一緒にいたずらを働く悪霊や妖精もこの世に入って来ると考えられています。

そこで、お化けの恰好をすることによって、悪霊たちに仲間だと勘違いさせて身を守ったのです。

 

また、お化け、魔女、ドラキュラなど、恐ろしい化物の恰好をすることで、悪霊たちを逆に驚かせて追い払うという意味もあります。

仮装する理由はさまざまですが、やはり「魔除け」の意味合いが強いようです。

 

ハロウィンの合言葉「トリック・オラ・トリート」って?

ハロウィンの合言葉「Trick or Treat(トリック・オア・トリート)」の意味と由来

日本版ハロウィンは仮装のイメージが強いでしょうが、本場欧米では子供たちが――

「Trick or Treat(トリック・オア・トリート)」

という合言葉を玄関先などで言いながら、家をまわってお菓子をもらう風習があります。

 

トリックオアトリートの意味は「お菓子をくれないと、イタズラするぞ!」です。

直訳すると「いたずらかおもてなしか」、さあどっち!?ということ。

 

それに対して大人たちは、「ハッピーハロウィン!」「トリート」と答えて、お菓子を配るのがルール。

参考記事

ハロウィンに配るお菓子の種類や配り方は、「子供に配るハロウィンのお菓子、どんなモノがいいの?正しい渡し方ってある?」で、詳しく解説してますので参考にしてください。

 

トリック・オア・トリートの由来

起源は9世紀ヨーロッパの「Souling(ソウリング)」という儀式。

仮面を被った子供や貧しい人たちが、家々を回って亡くなった家族のために讃美歌を歌ったりお祈りを捧げ、それと引き替えに「Soulcake(ソウルケーキ)」と呼ばれるお菓子(干しブドウ入り四角いパン)やお金をもらいました。

 

いつしかソウリングは魔除けのハロウィン仮装と融合していき、現在のように楽しむ意味で「トリック・オア・トリート」が用いられるようになりました。

 

一説では、1900年代初期に、一人のいたずらっ子がハロウィンでお菓子をもらうため、おどし文句的に「Trick or Treat」と言ってお菓子をおねだりしたのがきっかけとも言われています。

 

今年は思い思いのやり方でハロウィンを楽しもう!

ハロウィンの歴史が浅い日本では、いまのところ渋谷の仮装パレード(?)のイメージが強いのではないでしょうか?

そのルーツを辿ってみると、古代ケルトの時代に行われていた宗教的意味合いの強く、魔除けを目的とした儀式だったんです。

 

しかし、いまでは本場欧米でも娯楽的なイベントと化しているので、仮装やパーティーを第一目的に楽しむことは別に可笑しなことではないと思います。

トリック・オア・トリートはまだまだ根付いてはいない印象ですが、仮装にいたっては本場を凌ぐクオリティですよね。この時期にお店に並ぶ期間限定のハロウィンスイーツや料理も楽しみの一つ。

 

それらを楽しみつつ、本来の意味合いやルーツにも思いを馳せてみると、いつも以上に楽しいハロウィンになるかもしれませんよ。

今年は子供や家族、友人と一緒にハロウィンを目一杯たのしんでみてはいかがでしょうか。

-10月
-

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5