掃除・収納

臭い部屋の消臭にはコレが効果的!みかんの皮を使った活用術

みかんの皮を使った活用術!消臭剤・芳香剤として不快な臭いを取り除ける

外から帰ってきて、部屋に入ったら「ん?なんか臭い。」……そのように感じた経験がある人は多いのではないでしょうか。

生活臭と呼ばれる気になる臭いは、家の中のあらゆる場所に沁み込んでいるもの。

玄関のむわっとした臭い

キッチンの油や生ごみの臭い

おうち焼肉の臭い

生活臭はどの家にもありますが、それを悪臭と感じてしまうのは問題です。

この場合、芳香剤や消臭剤を利用するのが一般的ですが、臭いが気になる場所全てに置いていたのでは地味に家計に響いて大変。

そこでオススメしたいのが【みかんの皮】。

食べた後はそのまま捨てる人が多いみかんの皮ですが、これが意外と使える。臭いが気になる場所で使えば、消臭として活用することができるのです。

みかんの皮に秘められた消臭効果

みかんやオレンジのような柑橘系は爽やかな香りがするため、芳香剤的な目的としての使い方ができます。同時に、消臭剤としての効果も期待できるのです。

それには、みかんの皮に多く含まれる成分「リモネン」「クエン酸」が大きく関わっています。

リモネン

⇒ 柑橘系特有の爽やかな香りとなる成分

クエン酸

⇒ 除菌効果と共に消臭効果を持つ成分

このような成分を多く含むみかんの皮を活用すれば、天然の芳香剤・消臭剤として生まれ変わらせることも可能。

みかんでなくても、グレープフルーツや夏みかんなど柑橘系の果物ならだいたい含まれている成分。なので、今回紹介する活用法はみかんの時期以外でも、他の柑橘類で代用は可能です。

 

部屋の消臭ができる【みかんの皮】の活用方法

それでは、みかんの皮の消臭目的での使い方を説明します。

簡単なのは、みかんの皮を乾燥させてから使う方法。

(1)みかん(オレンジ)の皮の表面を洗って農薬を落とす

(2)みかんの外の白い面を上にして天日干しで乾燥(4~7日)させる

※黄色い表面を上にすると肝心の精油成分が飛んでしまうのでご注意ください

乾燥させてから使う場合は、コーヒーフィルターに入れる方法がオススメ。

乾燥させずにそのままの状態で使っても効果的には全く問題ありません。ただし、カビが心配の方はこまめに取り換えるか乾燥させてからの方が良いです。

基本、置いておくだけでも消臭効果は発揮されるので、見た目が気になるならおしゃれな容器に入れておくといいでしょう。

 

玄関

玄関は空気がこもりやすい空間。

靴や靴箱のにおい、そこに着いた泥や汗なども混じり合うため、何の対処もしていない場合はこもった不快な臭いが充満してしまいます。

玄関はお客さまを最初に迎え入れる場所。いつでもお客さまを迎えられるように、玄関の臭いは真っ先に解消しておく必要があります。

玄関をみかんの皮で消臭するのなら、乾燥させたモノを靴箱の中に入れておきましょう。

さすがに、お客様の視界に入る場所に置いておくのは止めておいた方がいいかと。

みかんの皮の活用術をオススメしておいて何ですが、玄関には素直に市販の芳香剤を置いておくべきかと。使うのなら靴箱の中です。

 

キッチン

キッチンには使いどころがたくさんあるので、みかんの皮の消臭効果が特に発揮されやすい場所。

生ごみ、油汚れ、排水口の臭いなど、掃除を少しでも怠るといや~な不快臭がすぐに発生してしまいます。対処が遅れるほど悪臭レベルは上がり、食材にも臭い移りの恐れがあるため、臭い対策は必須。

みかんの皮を三角コーナー、冷蔵庫、ゴミ箱のそばに置いておく。

キッチンでも特に臭いやすい場所に置いておくことで消臭効果を期待できます。

グリルで魚を焼く際に、受け皿部分に張った水の上にみかんの皮を1個分浮かべる。

魚の生臭さを消臭できると同時に、油汚れが落ちやすくなります。

電子レンジに乾燥前の皮を1~3個ほど入れて、30秒~1分ほど加熱してください。

これも庫内の臭い消しになると共に、こびりついた油汚れも掃除しやすくなります。


みかんの皮を使った電子レンジの掃除方法は以下の記事にまとめてあります。

みかんの皮、捨てちゃうの?電子レンジの臭い取り&お掃除に効果絶大!

電子レンジの汚れって拭き取ってるつもりでも、どんどん酷くなっていくんですよね。汚れやすいうえに掃除しにくいモノだから、汚れがこびりついて困ってしまいます。 そのせいで電子レンジ庫内の臭いもキツくなる一 ...

続きを見る

臭いだけではなく掃除面でも優秀な働きをしてくれるため、台所では特に大活躍です。

 

トイレ

トイレも臭いやすい場所の代表に数えられます。

主な原因は、排泄物・ハネた尿のアンモニア臭・カビ臭・下水臭です。

トイレも玄関同様にどちらかと言えば市販の芳香剤を使った方が良いのですが、みかんの皮でも気になる臭いを取り除いてくれます。

 

リビング

リビングは人が集まる場所だけあって、その分さまざまな臭いが混ざり合いやすい場所。

壁、カーペット、ソファ、クッションなどに沁みついた臭いが混ざり合うと、不快な臭いを放つこともあるでしょう。

汗や体臭、食べ物はもちろん、犬や猫などペットを飼ってるご家庭は特に。

リビングのような広い空間だと、一ヶ所に置くだけでは消臭効果が行き届かないかもしれません。

気になる場所にそれぞれ設置するか、空気清浄機を併用すると臭いを取り除きやすいです。

ちなみに、オレンジオイルにしてスプレーとして使えば、木製家具のツヤ出しにも使えますよ。

 

手についた臭い

生魚・タマネギ・ニンニクのような臭いの強い食材を素手で扱うと、手に臭いがつきやすく、最悪なことにとりにくいですよね。

食材以外だと、灯油も臭いがつきやすい物に該当するかと。

みかんの皮をギュっとして手を洗うと、手に着いた臭いが緩和されます。

みかんの皮に含まれるリモネンは油とよくなじむため、みかんの皮を手にこすりつけてから洗うと汚れもよく落ちます。

灯油の汚れや臭いは普通の石鹸ではなかなか落ちないことがよくあります。そんな時にみかんの皮があれば、手の細かい凸凹に入り込んだ灯油も綺麗におとしてくれますよ。

ミキサーで細かくしてからこすりつけるとより効果的。

 

みかんの皮は芳香剤・消臭剤の代用として活用できる!

部屋の臭いが気になるときには、市販の芳香剤や消臭剤を使って臭い取りをするのが一般的な方法です。

ただ、玄関に置いて、トイレにも置いて、個室にも置いて、あそこにもここにもと気になる場所全てに設置するとなると、それなりの金額が発生します。これが家計にはちょっと痛い。

みかんの皮を活用することによって、芳香剤・消臭剤の代用として気になる臭いを取り除くことができます。

  • 玄関のこもった臭い
  • キッチンの生ゴミや油汚れの臭い
  • キッチンのいろんな臭いが混ざり合った臭い
  • トイレのアンモニア臭
  • 手についた嫌な臭い

など。

試してみると分かりますが、思ってる以上に消臭効果は高いです

食べたら基本的にそのまま捨てるだけのみかんの皮ですが、このように不快な部屋の臭いの消臭として活用可能。

捨ててしまうのはもったいないっ!かも。

気になった方は、みかんがご自宅にある時にでも試してみてはいかがでしょうか?

-掃除・収納
-,

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5