生活雑貨

これで安心!一人暮らしに必要な家電リスト【必需品とあると便利な家電を紹介】

一人暮らしに用意したい最低限必要な家電とあると便利な家電リスト

✓一人暮らしに本当に必要な家電はなに?
✓最低限どんな家電を揃えておけば安心なの?

こんな疑問を解消します。

 

実家を離れて一人暮らしを始めるにあたって、いろいろと準備するものがあります。そんな新生活に向けて揃えるべきもののひとつが『家電』

あれもこれもと欲しくなりがちですが、なかには大して使わない家電もあります。一人暮らしの部屋ではスペースも限られますので、どんな家電を揃えればいいのか迷うこともあるでしょう。

 

そこで今回は、とりあえずコレさえあれば大丈夫!という一人暮らしに最低限必要な家電をリストアップしてみました。

本当に必要な一人暮らしの家電を選ぶコツ

一人暮らしの家電選びのコツ・注意点

長年暮らしていた実家を離れて一人暮らしを始める方。不安と期待でいっぱいだと思います。

不安を拭うため、あるいは気分がウキウキして、あれもこれも!…と目につく家電は何でも欲しくなってしまうかもしれませんが、とりあえず一旦落ち着いて考えてみましょう。

 

部屋のスペースと予算には限りがあります。一人暮らしだと、多くの場合は1kや1DKを検討される方が多いと思いますが、実家にあった家電一式そろえようとすると置くスペースが足りなくなることも。

なので、家電は無いと困る、よく使う、最低限必要なものから揃えて行く方がいいです。足りない家電はあとから少しずつ増やしていけば大丈夫。

 

また、家電のサイズについてですが、一人暮らしで大型の家電を購入してしまうと持て余してしまうことがあります。そもそも設置できないことも起こりえるので、サイズには十分注意してください。

 

一人暮らしの新生活に欠かせない必須家電リスト

一人暮らしの新生活に本当に必要な家電リスト

一人暮らしを始めるにあたって、色々と家電を用意する必要がありますよね。最近の家電は年々便利に進化しているため購買意欲を刺激されまくりですが、まずは最低限必要な家電をリストアップしました。

POINT

  • 冷蔵庫:約20,000円程度から
  • 電子レンジ:約10,000円程度から
  • 洗濯機:約20,000円程度から
  • 照明器具:約5,000円程度から

新生活のスタートには、家賃・家具・日用品など、何かと出費がかさむもの。家電を揃える際は、その辺りの予算とも相談して、まずは本当に必要なものは何かと確認しましょう。

 

冷蔵庫

料理する・しないに関わらず、飲食物を保存するのに欠かせない冷蔵庫。料理をしない方でも、飲み物・冷凍食品・お惣菜・アイスの保存など、必要になる場面は多々あります。

 

ただし、自炊する人、自炊しない人、自炊の頻度によって冷蔵庫のサイズ・容量は変わってきます。自分の食生活に合わせた冷蔵庫を選ぶのが大事。

自炊する人ならある程度の容量を持つ大体150~200l自炊しない人であれば大体100lもあれば十分です。もっと本格的に料理をするなら、3ドアタイプも選べる250lを検討するのもアリかと。

 

サイズと機能によって価格に差はありますが、相場はだいたい2万円~5万円程度から購入できます。問題なく設置できるかスペースを確認しておくこともお忘れなく。

 

電子レンジ

こちらも自炊する・しないに関わらず必要となる人が多い電子レンジ。自炊派の必需品なのはもちろんのこと、自炊しない派でもお惣菜やお弁当を温めたりと、一人暮らしには強い味方となる家電です。

 

パンをトーストして食べる方は、別にトースターを買うと置き場所に困ることもあるので、トースト機能付きのオーブンレンジがおすすめ。

価格はどんな機能を搭載しているのかによりますが、大体1万円~2万円程度が相場。温めるだけのシンプルな機能なら5千円~1万円以内で購入できます。

 

洗濯機

洗濯機も必ず揃えておきたい家電の一つ。「近所にコインランドリーがあるからいらない!」…という方以外は必須。

コインランドリーがあるとしても、小まめに外へ洗いに行くのは手間なため、洗濯物を溜め込んでしまうケースもよくあります。結果、着るものが無くて困ってしまうことも。なので、洗濯機はできるだけ用意しておく方がいいです

 

ドラム型は値段が割高でスペース・設備上から設置出来ない可能性があるため、安価で設置場所を取らない縦型洗濯機がおすすめ。

他の家電でも注意して欲しいことですが、購入前には必ず設置場所のサイズを測るようにしましょう。

 

価格はタイプや機能によって様々ですが、だいたい2万円程度から購入できます。サイズは一人暮らしなら、洗濯・脱水容量5~7kgの洗濯機で十分。このサイズなら3日分くらいは溜めてもまとめて洗濯できます。

 

照明器具

忘れずチェックしておきたいのが照明器具。備え付きの部屋もありますが、無い場合は用意してないと夜は真っ暗になってしまうため必須。

新たに購入するなら、白熱球の灯りが好きな方以外はLED電球がおすすめ。LED電球の方が電気代はお安く、寿命も最大で約40倍も長くなります。

 

お部屋の広さによって照明の数は変わりますが、一般的な一人暮らしのお部屋ならだいち5千円~1万円で揃えられるでしょう。

 

一人暮らしの新生活にあると便利な家電

一人暮らしの新生活にあると便利・そこそこ必要な家電

次に、最初に紹介した必須級の家電に比べると必要度は下がるものの、家にあったら生活に役立つ便利な家電も紹介します。

POINT

  • 掃除機:約10,000円程度から
  • 炊飯器:約5,000円程度から
  • ドライヤー:約2,000円程度から
  • アイロン:約2,000円程度から
  • テレビ:約20,000円程度から

最低限必要な家電を揃え終えたなら、自分のライフスタイルや予算と相談して、必要と思う家電を一つずつ足していくのも楽しいですよ。

 

掃除機

掃除機は絶対に必要と考えてる方は多いかもしれませんが、意外とそうでもありません。床がフローリングで一人暮らし程度の広さなら、フローリングワイパー+ホウキがあればサッと掃除できます。

掃除機が必要な環境は、部屋がカーペットや畳、または2部屋以上の広い物件の場合。コロコロでは奥のゴミや髪の毛までは取り切れないので、そのままにしておくとダニの温床になってしまいます。

 

一人暮らしで人気の機種は、コードレスのスティック型。価格は1万円~2万円程度が相場となりますが、紙パック式キャニスター掃除機なら1万円以下で購入できます。

 

炊飯器

炊飯器は自炊する方には欠かせない家電ですが、食事スタイルによって全然使わないケースもあります。外食中心だったり、パックごはんをレンチンすれば良いと考えてる人には不要。それに、お鍋でご飯を炊くことも可能ですから。

逆に、おかずはスーパーやコンビニで買って来て、ご飯だけは自宅で炊いて食べる方もいますよね。ご飯をまとめて炊いて冷凍するだけでも節約になります。

 

一人暮らしには少量炊きができる小型炊飯器がおすすめ。炊き方はマイコン式、IH式、圧力IH式で違いがあり、機能もさまざまですので、お好みに沿うものを選んでください。

炊飯器のお値段はピンキリです。マイコン式なら5千円~1万円程度、IH式なら1万円~2万円程度、圧力IH式なら1万円~5万円程度が相場。やはり高性能な機種ほど高額になります。

 

ドライヤー

男女共に髪を乾かす際に重宝する家電で、特に女性にとってはマストなアイテム。上の必須項目に入れてもいいほど優先度の高い家電なのですが、男性の中には自然乾燥でOK!と考えてる人もいます。

 

風量で髪の乾く速さは変わるので、機能にこだわりがないなら「風量」と「価格」をチェックすればいいでしょう。ターボ機能付きなら長い髪・量が多い髪でも早く乾きます。

価格は2千円~5千円程度が相場。お店で使われるようなものは1万円を軽く越えてきます。

 

アイロン・衣類スチーマー

アイロンは持ってるけど全然使っていない人は多いです。クリーニングに頼めば綺麗に仕上げてくれますし、最近はアイロンいらずのノンアイロンシャツも増えています。

とは言っても、形状記憶シャツでも全くシワにならないわけではありません。それに、例えばデートなど大事なシーンで着ていく服がシワだらけなのも嫌ですよね。特に社会人ならマナーとオシャレの観点からできれば用意しておきたいもの。

 

ハンガーにかけたままシワを伸ばせる衣類スチーマーがおすすめ。価格は2千円~1万円程度が相場で、最低限の機能だけでいいなら2、3千円の低価格で購入できます。

テレビ

最近は若者を中心にテレビ離れが進んでいるため、テレビを持ってない人も増えています。それでも、「やっぱりテレビが好き!」という人も少なくないので、テレビ好きには欠かせない家電の一つ。

また、テレビゲームが好きな人にとっても、同じく欠かすことのできない家電となっています。

 

一人暮らしなら19~32インチのサイズが主流。6畳なら19~27インチ、8畳以上で大きいテレビが欲しいなら32インチを目安にするといいでしょう。価格はサイズと機能にもよりますが、大体2万円~6万円が相場です。

 

生活に役立つ本当に必要な家電を用意するのが大切

年々家電は驚くような進化を遂げていくので、お店に行くと思わず購入したくなる商品がたくさんあるんですよね。しかし、部屋のスペースも予算も無限にあるわけではないので、いらないものまで買って後悔しないように注意してください。

 

まずは、毎日つかうもの、無いと困る必需品の範囲から揃えていきましょう。一度に全て揃えるよりも、必要に応じて少しずつ買い足していく方が失敗を減らせますよ。

 

自分のライフスタイルや住まいに合わせて、もちろん予算ともじっくり相談しつつ、納得の出来る家電を選びたいですね。

 

【一人暮らしに役立つ情報は下記にまとめてあります】

一人暮らしの記事

おすすめ記事一人暮らしに準備すべき日用品リスト【キッチン・お風呂など目的別に必要なものを紹介】

-生活雑貨
-

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5