6月

父の日に贈るメッセージに使える文例集【実父・義父別の文例と注意点】

父の日に送るメッセージの文例を実父と義父別に紹介

✓父の日のメッセージは何て書けばいい?
✓実父と義父で内容に違いはある?

こんな悩みや疑問を解消します。

 

「父の日」は普段は照れくさくて言えない感謝の気持ちを伝えられる絶好の機会。メッセージカードや手紙を渡そうと考えている方もいるでしょう。

しかし、何を書いていいのか分からず悩んでいる人もいるかもしれません。また、気心の知れた実の父ならともかく、義理の父に書く場合は失礼がないか心配になりますよね。

 

このページでは、父の日に贈るメッセージの文例と注意点を実父と義父に分けてご紹介します。

 

父の日に贈るメッセージを書くポイント

父の日のメッセージを書くポイント。実父と義父それぞれの注意点

メッセージを書く際は、実父と義父どちらにも共通する注意点があれば、細々ですが微妙に異なるポイントもあります。念の為にチェックしておいてください。

 

相手が「実父」もしくは「共通」のポイント

  • 一言でもいいから手紙やカードを添える
  • 素直な感謝の気持ちを伝える
  • なるべく手書きで
  • お子さん(孫)がいるなら子供にも一言書いてもらう

一言だけでも良いから手紙やメッセージカードを添える

父に日はプレゼントだけではなく、できれば感謝のメッセージも一緒に届けたいところ。

恥ずかしいなら「いつもありがとう」の一言だけでも構いません。それだけでもお父さんにとっては最高に嬉しい贈り物になりますから。

利用するツールはメール、SNS、電話なんでもいいのですが、特におすすめなのは「手紙」もしくは「メッセージカード」。実際この手のアンケートをチェックしてみると、手紙が一番嬉しかったと答えているお父さんが圧倒的に多かったです。

 

素直な気持ちを伝えよう!孫からのメッセージもあり

大切なのは素直な気持ちを伝えること。「どのようなことに感謝しているのか」「いつもお父さんを気にかけている」など、あなたのお父さんへの感謝の気持ちをそのまま伝えればいいんです。

それ以外にも、夫(妻)や子供の近況を伝えるのも喜ばれますよ。

お子さんがいるなら子供に手紙や絵を書いてもらうのも良いですね。子供と孫からの手紙、一生の宝物になること間違いありません。

 

送る相手が義父の場合のポイント

基本的な書き方は先程紹介した実父のときと変わりません。ただ、義父の場合はそれ以外にも細かなことで気を付けたいポイントがあります。

  • 「お義父さん」ではなく、あえて「お父さん」
  • 滅多に会えないなら家族の近況を伝える
  • パートナーの呼び方は「●●さん」
  • 名前は夫婦連名

”義”はいらない!「お父さん」と呼んで距離を縮めよう!

宛名は「お義父さん」ではなく、義を抜いて「お父さん」にするのがベスト。

「お義父さん」だとニュアンスが他人行儀なため、相手に距離や壁を感じさせてしまうかもしれません。義父さんであっても「お父さん」と呼んで、心の距離を縮めましょう。

なかなか会えていない場合は、感謝の気持ちだけではなく、家族の近況を伝えてあげると喜ばれます。さらに、また会える日を楽しみにしている気持ちが伝わる一言を添えるのも良いですね。

 

パートナーへの配慮を忘れずに

メッセージの中でご自身のパートナーに触れるときは「名前に”さん”付け」が基本。きちんとした呼び方を使ってください。

また、名前は「夫婦連名」が基本です。それが夫婦で一緒にプレゼントを選んだというメッセージになります。

大切な我が子のことを立ててくれている、配慮してくれている、そんな心遣いが印象アップに繋がります。

 

実父に送るメッセージカード・手紙に使える文例集

実父に送るメッセージカードや手紙に使える文例を紹介

■メッセージ文例1 同居してるお父さんへ

お父さん、いつも遅くまでお仕事がっばってくれてありがとう。あまり無理しないで、たまにはゆっくり休んだり、遊びに行って楽しんでください。感謝を込めて「●●」を贈ります。いつまでも元気で長生きしてね。

 

■メッセージ文例2 離れて暮らすお父さんへ

お父さん、体の調子はどうですか?離れていてなかなか会うことができないけど、いつもお父さんのこと気にかけています。毎日忙しいだろうけど、無理せず健康には気を付けて過ごしてください。今度の連休には一度帰るつもりなので、その時は私がご馳走しますね。

 

■メッセージ文例3 親になった子供からお父さんへ

お父さんへ。結婚して、子供を持つようになって、お父さんの偉大さを日々実感しています。大きな大黒柱として、いつも家族の支えになってくれてありがとう。孫の成長を一緒に見守るためにも、お母さんと仲良く いつまでも元気でいてください。

 

■メッセージ文例4 苦労をかけたお父さんへ

お父さん、今まで随分と苦労を掛けました。昔はいろいろ迷惑もかけて、ケンカすることもよくあったけど、今では本当に感謝しています。これからは少しずつ親孝行していきたいので、体に気を付けていつまでも元気でいてください。

 

義父に送るメッセージカード・手紙に使える文例集

実父に送るメッセージカード・手紙に使える文例集

■メッセージ文例1 お世話になってるお義父さんへ

お父さん、いつも私たち2人を見守っていただきありがとうございます。まだまだ至らない事ばかりですが、いつかお父さんとお母さんに恩返しができるよう、夫婦で力を合わせて頑張っていきたいと思います。これからもいろいろ教えてください。

 

■メッセージ文例2 遠方に住むお義父さんへPART1

お父さん、ご無沙汰しております。お変わりなくお過ごしでしょうか。私たち家族はおかげさまで元気に過ごしております。子供たちは~【子供や家族の近況を報告】~になりました。長期休みには子供を連れて遊びに伺いたいと思いますので、お会いできるのを楽しみにしています。

 

■メッセージ文例3 遠方に住むお義父さんへPART2

お父さん、いつも私たち家族を気遣っていただきありがとうございます。父の日に感謝の気持ちを込めて「●●」を送ります。気に入っていただければ幸いです。
一緒に「●●(子供)」が書いた手紙を同封しました。●●(子供)もおじいちゃんと一緒に遊びたいと言っていますので、お盆にはまた遊びに伺わせていただきます。子供たちも今からお会いできる日を楽しみにしています。

 

■メッセージ文例4 お義父さんの健康を気遣う系

お父さんへ。夏の気配を感じられる時季になりましたが、お変わりありませんか?こちらはおかげさまで家族みんな元気にしています。日頃の感謝の気持ちを込めて、ささやかながらプレゼントを送ります。日増しに暑さが増してきますので、お身体には気を付けて、いつまでも元気でいて下さい。

 

父の日に感謝の言葉を綴ったメッセージを送ろう

父の日は母の日と同様、家族のために頑張ってくれているお父さんに感謝を伝えられる良い機会です。照れくさいかもしれませんが、メッセージカードや手紙を送ってみてはいかがでしょうか。ありがとうの一言だけでも伝えて貰えると嬉しいものです。

感謝していること、日頃思っていること、様々な経験をして気づいたことを素直に書けばいいんです。

感謝の言葉は照れくさくてどうしても書けない方は、「健康を気遣う言葉」「自分や家族の近況」「思い出話」を書くといいでしょう。

気持ちが込められたメッセージのプレゼントはこの世に一つしかない宝物になります。お父さんになかなか言えずにいる感謝の気持ちを、父の日にぜひ言葉にして伝えてあげてください。

 

父の日の関連記事はこちらにまとめてあるのでご参考にしてください

父の日の関連記事まとめ

おすすめ記事予算1万円!父の日おすすめプレゼント【実用品や特別な体験になる贈り物を紹介】

-6月
-

© 2024 暮らし道標 Powered by AFFINGER5