ギフト・プレゼント

結婚祝いのお返しの選び方と人気アイテム【時期や相場、贈り方のマナーも紹介】

✓結婚祝いのお返しは何を贈ればいいんだろう?
✓結婚内祝いに掛ける金額の相場はどのくらい?
✓どんなプレゼントが人気なの?

こんな疑問を解消します。

 

結婚式は準備から当日まで毎日慌ただしくなるものですが、結婚式が終わったあともやることは盛り沢山。結婚祝いのお返しとなる「結婚内祝い」を贈ることも、その一つです。

結婚祝いを頂いた方にはお返しをするのが一般的。しかし、新生活が始まってバタバタしてるときにお返しを選ぶのは、なかなか大変・・・。

「時期はいつまでに」「金額はいくらかけて」「どんなものを」贈ればいいのか迷いますよね。

 

このページでは、結婚内祝いの時期や相場、お返しの選び方と人気アイテムをご紹介します。

そもそも結婚内祝いって?

結婚内祝いとは

「内祝い」とは、家庭内のおめでたいお祝いのこと。もともとは内輪でお祝い事があった際に、親しい人に”幸せのおすそ分け”をして一緒に祝ってもらうおうという意味が込められていました。

内祝いの中でも、結婚というお祝いの際に贈り物をするのが「結婚内祝い」です。

 

昔はお祝いの席を設けて招待した方々をもてなし、結婚の報告をして、帰りに手土産を渡すのが一般的だったようです。

現代では、頂いた結婚祝いの「お返し」として贈る品物を、結婚内祝いと呼ぶのが一般的。または、結婚式のご祝儀が思っていたより高額で、引き出物ではお返しとして不十分だった方にも後日改めて贈ることがあります。

 

お祝いを頂いていなくても内祝いは贈って構わないのですが、「お祝い渡してないのに、なぜ?」と思われてしまうことも。お祝いを催促してると誤解を与えないように一言添えて贈るようにしましょう。

 

結婚祝いのお返しを送る時期はいつからいつまで?

結婚祝いのお返しをする時期は、結婚祝いを頂いてから「1ヶ月以内」を目安にお返しを贈るのがマナー。

式を挙げる場合は、結婚式後に贈るのが一般的ですので、遅くとも結婚式後1ヶ月以内には先方に届くようにしましょう。

 


<結婚式を挙げる場合のスケジュール>

(1)結婚祝いを頂いたらすぐにお礼の言葉を伝える

直接受け取った場合はその場で、配送で頂いた場合は電話で、感謝と無事受け取ったことを伝えます。

(2)お返しリストを作成して品物選び

贈り漏れを防ぐため、お返しを贈る方のリストを作成しておくことをおすすめします。「名前・住所・電話番号・受け取った日付・品物の内容と金額」をつけておき、リストを参考に誰にどのくらいの金額で何を贈るかを決めましょう。

(3)お返し(結婚内祝い)の品物とお礼状を送る

挙式後、リストを確認しながら順にお返しの品物を送っていきます。この時、お礼状も添えて感謝の気持ちを伝えるのが一般的。挙式の数か月前に頂いた場合は、先にお礼状だけ送り、結婚式の後にお返しを贈るとスマートです。


<結婚式を挙げない場合のスケジュール>

入籍後1ヶ月以内を目安にお返しを送るのがマナー。お礼状を添えて、感謝の言葉と一緒に無事結婚したことを報告しましょう。

 

結婚祝いのお返しに掛ける予算の相場

内祝いの基本は”半返し”、または”3分の1返し”が基本。

なので、結婚祝いに頂いた品の「半額~3分の1程度」の値段の品をお返しとするのが一般的なマナーです。。

 

しかし、相手との関係性や地域の慣習など、他の要因によって金額は変わってきます。

 

目下の人からお祝いをいただいた場合

職場の後輩や部下のように、ご自身より立場が目下の方からお祝いを頂いた場合は、相場の半額ではなく”同額”程度をお返しするのが目上としてのマナーとなります。

最低でも8割以上の額をお返しにすると良いでしょう。

 

職場における内祝いの金額は、目下の人には多め目上の人には少なめが基本のマナーです。

 

高額のお祝いをいただいた場合

高額のお祝いを頂いた場合は、少し抑え気味に”3分の1”程度に留めておきましょう。

基本の相場である半返しでお返しすると、かなりのお値段になってしまうことがあるからです。

 

これでは相手が恐縮してしまいます。極稀にですが「施しは受けない」という誤ったメッセージとして受け取られてしまうこともあるようです。

額は少し抑えて、そのぶん感謝の気持ちをお伝えするようにしましょう。

 

複数名の連名でいただいた場合

職場の同僚一同からなど、複数人から連名でお祝いを頂くこともあります。

この場合は、お祝いの金額を人数分で割って、その半額のお返しを個別にすると良いでしょう。

 

ただ、これだと人数が多いと一人一人の金額が少な過ぎて寂しい内祝いになってしまうことも。

その場合は、あまり金額にこだわらず、多少の上下して感謝が伝わる品を選びましょう。または、職場の皆さんで食べられるお菓子の詰め合わせを用意するのも良い選択ですよ。

 

結婚祝いのお返しの選び方

結婚祝いのお返しの品物を選ぶポイントを挙げると、まずは贈る相手に合わせて選ぶことが大切。

相手の年齢、趣味・嗜好、家族構成、ライフスタイルなどを考慮して品物を選びましょう。また、「少し高価で自分では手を出しにくいもの」「あったら嬉しいもの」も喜ばれやすいです。

 

例えば、

  • ライフスタイルが分かる親しい間柄なら趣味に合わせた品物
  • ファミリー層には子供も喜んでもらえるお菓子の詰め合わせ、または実用性の高い日用品
  • 女性の友人にはおしゃれなスイーツやコスメ
  • 親しい男性には質にこだわった食品・実用品・雑貨

 

何を贈ったらいいか分からない時や、好みが分からない相手には、受け取った人が自分の好きなものを自由に選べる「カタログギフト」もおすすめです。

 

消費できる消え物を選ぶ

内祝いの品物は、食品や日用品のような「消え物」、いわゆる消耗品がおすすめ

消費できるものなら、先方に気遣いをさせず、余計な手間を増やさないですむというメリットがあるためです。

 

消え物なら、万人受けしそうなスタンダードなものを選ぶことで失敗を回避しやすくなります。具体的には、スイーツや調味料など食品系、タオルや洗剤などの日用品など。

 

結婚祝いのお返しの定番と人気アイテム

結婚祝いのお返し(結婚内祝い)の定番と人気おすすめアイテム

ここからは、具体的に多くの人から選ばれている定番の結婚祝いのお返しと、人気アイテムも一緒に紹介させていただきます。いずれにしても、相手の好みやライフスタイルに合わせて選びましょう。

 

スイーツ

定番の食品類のなかでも、特に多くの方から選ばれているのが「スイーツ」。種類豊富で価格帯が広く、相手に合わせたギフト選びがしやすいジャンルです。年齢・性別に関係なく誰にでも喜んでもらえて、ご家族みんなで楽しめるのも人気の理由。


<資生堂パーラーの菓子詰め合わせ>

Amazon

楽天市場


話題のスイーツやパッケージのおしゃれさで選んでもいいですし、老舗のお菓子なら年配・目上の方にも安心して贈れます。

 

カタログギフト

結婚祝いのお返しでダントツ人気なのが「カタログギフト」。贈る側は選びやすく、贈られた側は自分の好きなものを選べるなど、双方にメリットがあるギフト。無難ではありますが、そのぶん失敗があまり無い贈り物とも言えます。

相手を選ばず贈れる定番カタログから、最近流行りの一つのジャンルに特化した専門カタログまでさまざま。お返し選びに迷ってる方、相手の好みやライフスタイルがはっきり分からない方にもおすすめです。


<ハーモニック「ラ・マリエ」>

公式サイト<ハーモニック>


もっと詳しく知りたい方には、「カタログギフトの選び方と人気おすすめ5選【結婚祝いや出産祝いなど目的別に紹介】」の記事が参考になります。

 

実用品(タオルや洗剤)

ファミリー向けには、誰もが使い消耗が早い「タオル」や「洗剤」のような実用品も人気。ギフトとしてあまりに定番過ぎるという難点はありますが、普段使ってるものより質が良い「少し高価で自分では手を出しにくいもの」を選び、他と差を付けると喜ばれやすいです。

素材やブランドにこだわった選び方をすると良いでしょう。


<ホットマンのタオル>

Amazon

楽天市場


相手のライフスタイルをよく知っているのなら、あったら便利そうなキッチンアイテムや食器もファミリー層にはおすすめ。

 

結婚祝いのお返しの渡し方マナー

結婚祝いのお返しをはじめ、内祝いはできれば直接手渡しするのが理想

しかし、現代はライフスタイルが変化し、直接会うタイミングを合わせ辛くなっているため、郵送で贈ることがほとんどです。

 

郵送の場合はいきなり送ったりせず、事前にお返しを郵送する旨を伝え、先方がスムーズに受け取れる日時を確認してから送るのがマナーです。

ここで忘れてはいけないのは、品物と一緒にお礼状やメッセージカードを添えて、感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

 

内祝いの贈り物には基本的にのし紙を掛けます。

結婚祝いのお返し(結婚内祝い)に使用するのし紙と書き方は以下の通り。

  • 水引の色と本数・・・紅白もしくは金銀10本
  • 結び方・・・結びきり
  • 表書き上段(のし上)・・・「内祝」もしくは「寿」
  • 表書き下段(のし下)・・・結婚後の姓と新郎新婦の名前

 

お祝いしてくれた人に感謝が伝わるお返しをしよう!

本来は、身内におめでたい事があった際に、親しい方々へ”幸せのおすそわけ”として贈られていた結婚内祝い。時代の流れと共に変化し、現代では結婚祝いのお返しという意味合いが強くなりました。

 

結婚祝いをいただいた中で結婚式に出席しない方、ご祝儀が思ったより高額だった方へ贈るのが一般的。お祝いの半額~3分の1程度の品物を、結婚式を行う場合は挙式後1ヶ月以内を目安に先方へ届くように手配しましょう。

品物は相手に合わせた物や消え物がピッタリ。迷ってしまいどうにも決められない時や、好みやライフスタイルがはっきりしない場合は、カタログギフトも人気ですよ。

 

同時に感謝の気持ちを伝えることも忘れないように。結婚をお祝いしてくれた方に、「ありがとう」や「これからもよろしく」の気持ちが伝わるお返しをしたいものですね。

-ギフト・プレゼント

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5