ギフト・プレゼント

迷ったらコレ!カタログギフトのおすすめ4選【結婚祝いや内祝いなど用途別に紹介】

✓どんなカタログギフトを選べばいいんだろう?
✓選ぶときにチェックするポイントは?
✓おすすめのカタログギフトはある?

こんな疑問を解消します。

 

内祝いや結婚式の引き出物などに便利な『カタログギフト』。自由に好きなものを選べることから高い人気があり、今ではギフトの定番とも言える形に。

しかし、カタログギフトといっても種類はさまざま。

複数のジャンルを網羅したものから、個別のジャンルに特化したものまで種類は幅広く、贈る側もどれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

 

そこで今回は、カタログギフトの選び方・チェックポイント、目的別のおすすめカタログギフトをご紹介します。

カタログギフトを選ぶときのチェックポイント

カタログギフトの選び方・チェックした方がいいポイント

贈り物に便利なカタログギフトですが、種類が多いため何を選べば喜んでもらえるのか迷ってしまうのがネック。

まずは、カタログギフトの選び方・チェックした方がいいポイントを見ていきましょう。

 

贈る相手に合わせたジャンルを選ぶ

カタログギフトは贈る相手や目的に合わせたジャンルから選ぶ

カタログギフトと一口に言っても、商品もジャンルもさまざまな種類があります。

相手に喜んでもらえるカタログを選べるかは、いかに相手の好みに沿えるか、相手の好みを知っているかが重要。

 

贈る相手の「年齢」「性別」「家族構成」「用途」などを踏まえて、好みや目的に合うジャンルのカタログを選ぶことが大切です。

「それが大変なんだけど」…という声も聞こえてきそうですが、カタログの種類は年々細分化されてきています。用途はもちろん、年齢や性別に合わせたカタログ選びもしやすくなっています。

 

ただ、プライベートをそれなりに知っている相手ならまだしも、そうでない相手に贈ることもありますよね。

相手の好みが分からない場合、不特定多数の人に贈る場合は、掲載商品のバリエーションが豊かな総合カタログが人気ですよ。

 

カタログの内容をしっかりチェックしておく

カタログギフトは購入前に内容をしっかりチェックしておく

カタログギフトといえば「リンベル」「ハーモニック」「シャディ」などが大手メーカーです。最近では、市場が拡大中の体験ギフトを専門に扱う「ソウエクスペリエンス」も勢いがあります。

 

大手メーカーは内容もサポートも◎

迷ったときは大手さんを選んでおけば基本的には安心ですが、それでも中身の内容はしっかりチェックしておきましょう。

 

カタログギフトの最大のメリットは、貰った方が自由に自分の好みの商品を選べるところ。豊富な商品が掲載されてるとはいえ、嗜好にカスリもしない商品ばかりでは選ぶ楽しみがなくなってしまいます。

予算やジャンルだけでなく、どのような商品が掲載されているか、本当に喜んでくれそうな商品があるのかなど、カタログの内容をしっかり吟味しましょう。

 

ついでに、カタロクの”見やすさ”や”選びやすさ”もチェックしておくと尚グッド。

 

意外と見落としがちな「システム料」

カタログギフトの価格はシステム手数料も含まれている

カタログギフト選びの意外な落とし穴が「システム手数料」。送料や印刷費用、化粧箱、包装紙、のし紙、申し込み時のハガキ費用などがこれに含まれています。

 

カタログギフトというのは、基本的に「本体価格+システム手数料」の合計が表示されてる価格になります。

つまり実際の商品価格は、表示金額からシステム手数料を引いた金額である場合がほとんど。

 

なので、カタログを選ぶ際は、システム手数料を省いた金額で検討した方がいいです。

手数料の相場はメーカーによって異なりますが、だいたい500円~1,000円程度。このような料金の仕組みを理解しておくことも大切だと思います。

 

おすすめカタログギフト|用途・目的別に紹介

用途別・目的別のおすすめカタログギフト

それでは、用途や目的に分けておすすめのカタログギフトを紹介します。カタログギフト選びに迷ってる方は是非参考にしてください。

迷ったときの内祝い用にはボリュームの多い総合タイプ

何かと悩む内祝い用のギフト選び。どうしようか迷ったときは、掲載商品数が多くジャンルを網羅している、送る人を選ばない総合タイプがおすすめ。

グルメ、インテリア雑貨、ファッション、キッズ用品など、掲載アイテムのバラエティーが豊かで、用途・世代、性別を問わず喜ばれます。どれがいいか迷ったときは総合タイプのカタログを選ぶといいでしょう。

■おすすめの総合型カタログギフト


✓プラミアムカタログギフト

THE GIFT PREMIUM

プレミアムの名に恥じない満点級のボリュームと品質!

ソムリエ@ギフト

Amazon

楽天市場


選ぶ楽しさ、本当に嬉しいものを貰う喜びを形にしたカタログギフト。楽天では常に上位を独占しています。

お店まるごと掲載したかのような充実したアイテム掲載数が人気で、コースもご予算別に選べる全14コースと幅広い満足度の高いカタログです。

商品ジャンルのバランスも良く、あらゆるギフトシーンに対応できるので、迷ってる方には是非おすすめしたい一冊です。

 

結婚祝いにはブライダル用カタログ

カタログギフトは、今では結婚式・結婚祝いのプレゼントとしても定番。結婚という特別のシーンならば、やはりブライダル専用のカタログギフトが断然おすすめ。

失礼ではないか?…という意見もありますので、安過ぎない1万円以上のもの、相手の好みに合うかも念頭において検討しましょう。、

また、妊娠の有無によっては体験ギフトだと困らせてしまうこともあるので、選ぶ前に確認しておいた方がいいです。

■おすすめのブライダル用カタログギフト

✓ブライダルカタログギフト

リンベル

ベビーとママが喜ぶ人気No1の出産祝い用カタログギフト!

リンベル【公式サイト】

楽天市場


最大手リンベルの人気No1カタログギフト。

挙式する5組に1組のカップルが、結婚祝い、引き出物に選んでいる確かな実績を持つカタログです。グルメから体験まで幅広いアイテムが掲載されています。

加えて、コース数が多く、予算の都合に合わせやすいため、世代・性別問わないところも魅力。

また、リンベルは提携している結婚式場が多いので、持ち込み手数料が掛からないことがほとんど。

 

 

出産祝いにはベビー用品が充実してるカタログ

妊娠や出産祝いにカタログギフトをプレゼントするつもりなら、生まれてくる赤ちゃんのため、子育てを始めるママさんのため、ベビー用品が掲載されているカタログがグッド。

産後すぐのデリケートな時期は、気軽に外出できないことも。これからの育児に役立つもの、必要なものを、自宅でゆっくり選んでもらうことができます。

また、出産という大役を終えたママさんを労うため、おしゃれアイテムが掲載されているモノも、出産祝いと言えるでしょう。

■おすすめの出産祝い向けカタログギフト


✓えらんで(きらきら/わくわく/にこにこ)

ハーモニック

選ばれてNO.1!ロングセラーカタログギフト

ハーモニック【公式サイト】

Amazon

楽天市場


出産祝い用におすすめなのが、ハーモニックが提供する「えらんでシリーズ」です。

人気メーカーのベビー・キッズ用アイテムをはじめ、ママさんの育児を助けるグッズが多数掲載。また、親子で楽しめて思い出に残る体験ギフトも掲載されています。

アイテムが月歳ごとに掲載されているので、成長に合わせた商品選びがしやすいのも魅力。被りがちな出産祝いでも安心して送れるカタログギフトです。

 

法事や香典返しには弔事用カタログ

香典返しや法要引き出物には、マナーの心配がない弔事用のカタログギフトがおすすめ。

弔事用はデザインが落ち着いており、多くの方が気になるであろうマナーにも配慮したアイテムが掲載されています。さらに、掲載商品が豊富なモノが多いため、選ばれやすい海苔やお茶のような定番との被りも避けられます。

香典返しは故人を偲んでくださった方々へのお返しで、基本的にいただいた香典の半額相当がコースの金額の目安です。

■おすすめの弔事用(香典返し・法要)カタログギフト

✓アズユーライク【和風(瑠璃)】

シャディ

落ち着いた和風表紙!メイドインジャパンを多数掲載

シャディ【公式サイト】

Amazon

楽天市場


法要や香典返しには、シャディの「アズユーライク和風」がおすすめ。和風をモチーフにしたシックな表紙デザインが特徴です。

圧倒的ボリュームのアイテムが掲載されており、匠が手掛けたMade in Japanの品々も全国からお取り寄せできます。

14コースあるので、お返しの相手との関係性に合わせたカタログ選びがしやすいシリーズです。

 

贈る相手に喜んでもらえるカタログギフトを選ぼう

カタログギフトは貰った方が自由に好みのものを選べるため、贈り物として人気の高いアイテムですが、便利ではあるけど種類が多すぎて何を選べばいいのか迷ってしまう方も多いことでしょう。

 

大切なのは、自分が送る相手の立場になって考えてみること。カタログのデザインや内容をチェックしたときの、あなた自身の感想がヒントになりますよ。

 

最近は用途・目的に特化したタイプが年々増加してます。加えて、掲載商品のボリュームが多く、シーンを選ばないオールマイティタイプも非常に便利です。

この記事内でも用途別に人気の高いカタログギフトを紹介させていただいたので、是非参考にして贈る相手に喜んでもらえるカタログギフトを選んでください。

 

あなたのカタログギフト選びに、この記事が少しでもお役に立てたなら幸いに思います。

 

【カタログギフト選びの参考になる関連記事】

カタログギフトのおすすめはココ!【人気メーカー4社の特徴と比較】

✓カタログギフトの人気メーカーは? ✓メーカーごとに特徴はある? ✓どのメーカーのカタログギフトがいいのか迷う こんな疑問や悩みを解消します。   結婚祝い、出産祝い、母の日、引き出物など、 ...

続きを見る

贈り物におすすめの体験ギフト人気3選【メリットやデメリットも解説】

・ありきたりじゃないプレゼントを贈りたい! ・体験ギフトってなに? ・どんな体験をプレゼントできるの? こんな疑問や悩みを解消します。   プレゼントというと、お花のような”モノ”を贈るのが ...

続きを見る

-ギフト・プレゼント
-

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5