豆知識・ライフハック

寒い時期も水分補給を忘れないで!自覚のないまま脱水を引き起こすかも?

秋や冬の寒い時期でも水分補給は大事

秋や冬、あまり喉が渇かないからといって、水分補給を怠っていませんか?

実は、寒い時期というのは無意識の内に脱水症状を引き起こしやすい時期なのです。水分が失われてるサインにお気づきですか?

肌が乾燥してハリが無くなった

唇がカサカサしてる

口の中がねばついてる

身体がだるい

このような体のサインに身に覚えがあるのなら、もしかしたらかくれ脱水に陥っているかもしれません。

暑い夏を乗り越えたからといって、油断は禁物!

秋や冬でも水分補給が大切な理由を知って、しっかり対策するようにしてください。

冬の「かくれ脱水」に注意!夏の脱水との違いは?

寒い季節の脱水症状――。あまりピンとこない方もいるかと思われますが、これが意外と多いのです。

脱水というのは夏のイメージが強いですよね。夏と聞いただけで水分補給が大切だと分かるほど。

でも、それは秋や冬でも何ら変わりません。

寒い季節でも脱水症状のリスクはあります。むしろ、喉の渇きに鈍感で警戒心が薄れてる分、脱水に陥りやすいとも言えます。

水分をとると体が冷えるのではないかと心配かもしれませんが、水分を摂らない方がより危険ですからね。

 

冬の乾燥が体から水分を奪っていく

人の身体というのは、暑かろうが寒かろうが、皮膚や粘膜、それと呼吸から、特に自覚がないまま水分は失われています。

これを「不感蒸泄(ふかんじょうせつ)」と呼びます。

乾燥が強いとこの不感蒸泄が促進されてしまうんですね。

つまり秋や冬になると、激しい運動をして汗をかいたわけではなくとも、普通に生活してるだけで本人が気づかない内に水分が失われているということ。

特に一年で最も乾燥する12月~2月はより注意が必要でしょう。

 

夏の脱水との違いは――「気づきにくさ」

夏はたくさん汗をかきますし、喉の渇きにも気づきやすいですよね。

近年の猛暑日の多さから熱中症への警戒心も強く、水分補給を促すメッセージも至る所から発信されてるため、日常生活の中に水分補給の大切さが根付いています。

しかし、暑さが落ち着いてくると水分補給の意識は一気に低下

  • 汗をかく機会が減る
  • 喉の渇きに鈍感になりやすい
  • 寒さのせいで飲み物を用意する作業が億劫になる

水分補給から遠ざかりがちになるので、水分摂取量が夏に比べてかなり減ってしまいます。

その間にも不感蒸泄によって水分は失われているというのに。

気密性が高くなり、エアコンの使用が増えると、湿度はさらに低下して乾燥はひどくなる一方。

でも、暑くない、汗もかかない、喉もかわかないため、水分が失われてることに気づきにくいんですよね。

それが冬の脱水の危険なところ。

また、冬は汗をかきづらいとはいえ、厚着をすれば意外と汗はかくもの。寒さ対策が脱水の要因になることもあります。

 

かくれ脱水のサインを解説!予兆に気を付けて

かくれ脱水を引き起こさないためにも、体から出るサインを見逃さずにキャッチする必要があります。

かくれ脱水のチェックポイントは以下の通り▼

  • 唇や口の中が乾燥してる
  • 肌が乾燥してハリがない
  • 体がだるい・重たい
  • めまいや立ちくらみがする
  • 手足の末端が冷たい

詳しく見ていきましょう。

唇や口の中が乾燥してる

唇が荒れたり、切れやすくなってる場合は、水分量が減ってる可能性が高いです。また、唾液も減少する傾向にあるため、下の表面が乾きやすくなるのもポイント。

唇や口の中の渇きは脱水の予兆だと意識しておいてください。

 

肌が乾燥してハリがない

肌がカサカサしたり、ハリが失われたり、女性なら化粧ののりが悪くなるなど、肌が乾燥しているかどうかも、脱水の重要な判断ポイントです。

わかり辛い場合は、手の甲の皮膚をつまんでみてください。つまんだ手を離したとき、皮膚が戻るまでに3秒以上かかったら脱水のサイン。

 

手足の末端が冷たい

手や足の末端部分がいつもより冷たいと感じた場合、或いは誰かに指摘されて場合、脱水症の疑いアリです。

脱水になると、血液はどうしても重要な臓器を優先するため、四肢の端まで血液が行き届かなくなるから。

誰かと握手して確認してもらうのもいいでしょう。

 

体がだるい・重たい

なんとなく体がだるい、疲れやすい、重たいと感じたときも要注意。体のだるさは脱水の初期から出やすい症状です。

特に理由もなくその状態になった場合は、脱水の可能性があります。

 

めまいや立ちくらみが増えた

もし、めまいや立ちくらみの回数が増えてきたと感じたなら、脱水がかなり進行してる状態にあるかもしれません。

さらに、頭痛や吐き気まで表れたときは重度な脱水の可能性が高いので、状態によっては医療機関での対処が必要になります。

寒い時期のかくれ脱水を予防する対策

冬でも夏でも、脱水は引き起こさないための予防がなによりも大切。

喉が渇いてから、症状が体に表れてからでは遅いので、無理なく習慣に取り入れられる予防法が好ましいでしょう。

こまめな水分補給を習慣化

脱水の予防に最も有効なのは、もちろん水分補給です。でも、喉がカラカラに渇いたタイミングで水分を摂取するのでは遅い。

「喉が渇いた」・・・そう感じた時には既に運動機能が低下するほどの水分が失われています。

寒い時期はただでさえ喉の渇きに対して感覚が鈍くなりやすい時期。渇き具合を判断基準にしてしまうと、危険性をより高めることにも繋がります。

なので、日頃から「こまめな水分補給」を心掛けて、水分補給を習慣化することが大切。

食事時や運動時だけではなく、普段の生活の中でも水分補給を忘れないようにしましょう。

 

乾燥対策

上述でも解説したように、人は自覚のないまま皮膚・粘膜・呼吸から水分を失っています(=不感蒸泄)。

そしてこの不感蒸泄は乾燥するほど促進されるという特徴を持っています。

逆を言えば、乾燥を抑えることによって、体から自然に失われていく水分を減らすことができるということ。

手っ取り早い解決法は、加湿器を設置するです。あとは、濡れたタオルを室内に干すことによって湿度を上げることが可能です。

もちろん水分補給も乾燥対策になるので、ないがしろにせず少しずつ飲む習慣を身につけましょう。

 

水分を多く含んだ食事を意識する

水分補給はなにも飲み物からの摂取だけを指しているわけではありません。

1日の水分摂取量のうち、食事からも約1Lほどの水分を摂取していると言わています。

水分補給量に心配があるのなら、普段の食事を水分がたくさん含まれている献立に変えてみるのも一つの予防策。

水分を多く含んでいるのは、やはり野菜や果物、あとはキノコ類ですね。

肉類やお魚もたくさん水分を含んでいるので、それらを併せた鍋料理がおすすめ。あとは煮込み料理とか。

特に、お年寄りは飲み物からの水分補給では足りないケースも多いので、食事による水分補給も意識しておきましょう。

 

水分補給と乾燥対策を心掛けて脱水を予防しよう

かくれ脱水を予防するためにも水分補給を大切に

この記事では、かくれ脱水が怖い冬の水分補給の必要性についてお話しました。

冬は水分補給の意識が低下してしまうため、気づかないうちに脱水症状を悪化させている場合があります。

かくれ脱水のサインを見逃さないように!

  • 肌が乾燥してハリが弱くなる
  • 唇と口の中が乾燥する
  • 体がだるい・疲れやすい・重たい
  • めまい・立ちくらみ
  • 手足の末端が冷たい

脱水は起きてからの対処を考えるより、まずはなにより脱水にならないための予防法を考えるべき。

かくれ脱水にならないための予防法

  • こまめな水分補給
  • 加湿器などによる乾燥対策
  • 水分量の多い食事

汗をかく機会が減る寒い時期は、脱水に対して警戒心は薄め。油断してる人は多いですよね。

でも、気づいてないだけで水分が失われてる可能性は高いです。

季節を問わず脱水症状のリスクは意識しておいた方がいいでしょう。

水分補給を習慣化するだけでも、脱水対策としてはかなりの効果を発揮してくれます。この機会に一度生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか?

あと、お気に入りのマイボトルがあると水分補給の意識が高まります。温かい飲み物も入れラテ便利ですよ。

おすすめの水筒を別記事にまとめていますので、参考にしてください。

参考記事愛用したくなる水筒のおすすめ!お気に入りの1本を見つける選び方も解説

愛用したくなる水筒のおすすめ!お気に入りの1本を見つける選び方も解説

スポーツ、アウトドア、オフィス、ご家庭など、様々なシーンで大活躍している『水筒』。 エコや節約になると共に、こまめな水分補給にも欠かせないアイテム。 子供はもちろん、大人も職場へ持参する人が増え、マイ ...

続きを見る

 

-豆知識・ライフハック
-

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5