ブログ運営

アナリティクスで自分のアクセスを除外する簡単な方法を紹介!

こんにちは、ワチイツキです。

自分のブログのアクセス解析をするため、GoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)を導入してる人は多いと思います。

便利なのでブログを運営する上で非常に重要なツール。

ですが、始めたばかりなのにたくさんのアクセスがあって小躍りしてたら、実はそのアクセスのほとんどは自分だった・・・なんてぬか喜びした経験ありません?

はい、完全に私のことです。

アナリティクスって初期設定の状態のままだと、確認作業なんかのために自分でブログへアクセスすると、その数値までアクセス数としてカウントされてしまうんです。

これだと正確なアクセス状況を把握することはできません。

そこで今回は、アナリティクスのアクセス解析から、自分のアクセスを除外する簡単な方法を紹介します。

 

IPアドレスを指定して除外する方法

これはアナリティクスのフィルタ機能を使う最もメジャーな方法。

自分がアクセスしてる「IPアドレス」を指定して、そこからのアクセスを測定しないように設定します。

メモ

IPアドレスというのは、インターネットに接続された機器が持つ住所のようなものです。

ただ、これは固定IPサービスに有効な方法なので、自動IPの場合は環境が変わる都度登録し直す必要があります。

これはとても簡単に設定できるので、アナリティクスに登録したら初期設定で変更しておきましょう。

 

利用してるIPアドレスを確認

まずは自分が利用してるインターネット上のIPアドレスを確認する必要があります。これが分からなければ設定のしようがありませんからね。

確認はすぐにできます。

アクセス情報【使用中のIPアドレス確認】

↑ ここにアクセスすれば瞬時に自分のIPアドレスが表示されます。

 

赤枠の中に表示されているIPアドレスを使用するので、サイトを開いたままにするか、IPアドレスをどこかにメモしておいてください。

アナリティクスでの設定

あとはアナリティクスで設定するだけです。Googleアナリティクスにアクセスしてください。

①まずは左の管理画面の「管理】をクリックして、画面が切り替わったら「すべてのフィルタ」or「フィルタ」のどちらでもいいのでクリックしてください。

②画面が切り替わったら、「フィルタを追加」ボタンをクリック。

 

 

⓷クリックすると、下のようないくつか必要事項を記入する画面に切り替わります。

 

  • フィルタ名前・・・なんでもいいので自分のわかりやすい名前を入力してください。
  • フィルタの種類・・・「定義済み」「除外」「IPアドレスからのトラフィック」「等しい」を選択
  • IPアドレス・・・さきほどサイトで確認したIPアドレスを入力

これら全てを設定し終えたら、保存をクリックしてください。

これで自分のアクセスを除外する設定は完了になります。あなたがサイトにアクセスしてもデータは反映されなくなりました。

設定がしっかり反映するまでには数分ほど時間が掛かりますのでご注意を。

設定おつかれさまでした。

 

まとめ

とても簡単ですよね。

ブログを始めてまだ間もない初心者の私でも5分と掛からず設定を完了できました。

もうこれでぬか喜びをしなくてすみそうです。まあ、今度はアクセスが少なすぎて悲しくなりそうですが、それはこれからの自分の努力次第ということで。

しっかりブログを運用していくためにも、アナリティクスは欠かすことのできない便利なツール。私はまだまだその真価を発揮できてはいませんが、正確なアクセスを把握しておくだけでも今後の運用に役立ちます。

正確なアクセス状況を知るためには必要な設定なので、なるべく初期設定の段階で除外作業をしておくことをオススメします。

おわり。

-ブログ運営

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5