アニメ

【同居人はひざ、時々、頭のうえ。】第11話の感想!両親の想いを辿る徳島旅行

こんにちは、ワチイツキです。

『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』の第11話が放送されました。

さて今回のお話は、「素晴、旅行へ行く。」の巻(注:サブタイトルではありません)

あの出不精の素晴くんが旅行へ行きます。旅先が亡くなった両親と深い関わりのある場所であるため、ホロリとくる内容になっております。

素晴を想う両親の愛情と、決して切れない強い絆を感じられるエピソードでした。

 

ちなみに、前回の第10話の感想は下記の記事に書いてます。

[blogcard url="https://yurutokip.com/post-1217/"]

この記事では、<strong>『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』の第11話のあらすじと感想</strong>を語らさせていただきます。

<span class="hutoaka">ネタバレ</span>も含んでいるのでまだ未視聴の方はご注意ください。

[blogcard url="https://yurutokip.com/post-570/"]

前回『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』第10話の内容

まずは前回放送された内容のおさらいから始めます。

第10話では、幼馴染の大翔の妹「鳴海」と、昔ノラだったハルちゃんにエサをあげていた中華屋の娘「春」の2人が、ハルちゃんに会うため素晴の家にやってきました。

素晴は春から猫用の手作りごはんのレシピを教えてもらい、指を絆創膏だらけにしながらもハルちゃんのために料理をがんばって完成させたんでしたね。

 

一方ハルちゃんは、素晴にご飯を食べさせたくて自分のエサを分けようとするんだけど、ごはんが美味しすぎていつも綺麗に平らげちゃう。

そんな食いしん坊と保護者の間で揺れ動く心の葛藤が面白かったです。と同時に、おいしいごはんを食べて天へと舞い上がるハルちゃんがすごく可愛かったです。

 

それでは、ここから第11話の感想とあらすじを書いていきます。

 

ネタが浮かばない

(出典:©みなつき・二ツ家あす・COMICポラリス/ひざうえ政策委員会)

仏壇に手を合わせる素晴は、川瀬さんに提案された小説の新シリーズのことを考えていました。

全くネタが浮かばず悩んでいると、ずっと放置していた庭の花壇が目に入り、水やりをしながらネタを考えることに。

ハルにちょっとした悪戯をしたりと、小説のネタを捻り出そうとする素晴。

でも、ネタ出しに没頭し過ぎたそせいで隣の犬をビショビショにしてしまいます。

 

母の想いが詰まった旅行花壇

明るくてとても人の良い隣の奥さんは、全然気にしてないどころか何故か謝罪をしてきました。

どうやら、素晴が放置していた花壇にずっと水を巻いていたようです。

その花壇は、素晴の母が素晴のために育てていた花壇。そのことを知っていた為、枯らしてはいけないと水を巻いて守ってくれてたんですね。

この世界は本当に良い人ばかり。それがすごく心地良い。

(出典:©みなつき・二ツ家あす・COMICポラリス/ひざうえ政策委員会)

「旅行花壇」と呼ばれるその花壇は、素晴が家にいながら楽しめるように、旅行先で手に入れた苗や種を庭に植えて育てていたんだそうです。

以前のアルバムの件しかり、今になって母の深い愛情を知る素晴なのでした。

 

優伍

素晴がハルを探していると、玄関の外に怪しい人の影が・・・。

空き巣ではないかと恐る恐る玄関を開けると、そこにいたのは川瀬さん。

様子がちょっとおかしい若い男のお客がいるようで、どうしたものかと戸惑っていた様子。

すると、その男性が門扉を開けて入ってきたその次の瞬間!

(出典:©みなつき・二ツ家あす・COMICポラリス/ひざうえ政策委員会)

ズザザザザーーーーー!!!「すんませんでしたー!」

ダイビング土下座キタ━(゚∀゚)━!

とつぜんダイナミックな土下座で謝罪してきたその人物は、押守ななの弟「優伍」でした。

 

姉のななさんから素晴が三日月先生だったことを聞いたようで、以前彼女の家を訪れた際にしでかした行為を謝罪に来たとのこと。

そして、自分が素晴の小説に勇気を貰ってることを話し、優伍は応援していることも伝えます。(素晴、すごく恥ずかしそう笑)

やっと直接言えたことで、ようやく肩の力が抜けた優伍。

 

――誰かの存在に、言葉に、一喜一憂することなんて、ぼくには一生縁のない世界。そう思っていたはずなのに、いつの間にかこんなにも心が動かされるようになっている。

――いったい何が、ぼくを変えたんだろう?

(出典:©みなつき・二ツ家あす・COMICポラリス/ひざうえ政策委員会)

 

その答えは膝の上にあるのではなかろうか。いや、ときどき頭の上でしたっけ?

 

あの素晴が・・・旅行!?

優伍が帰った後、川瀬さんから新シリーズの話を振られた素晴。

アイデアが全く浮かばず膝から崩れ落ちます。

気分転換に外へ出てみないかと川瀬さんから提案されます。「なーんて、ダメですよね」と即効で拒否されると思っていた川瀬さんでしたが、

「いいかもしれませんね」←これ素晴の言葉。もう一度言うけど、あの素晴のです。

川瀬さんも予想外の反応に驚きを隠せません。

「なんで驚くんです?」と素晴。・・・・そりゃ誰だって驚きますよ。以前の素晴を知ってる人にとっては衝撃の事態でしょう。

 

どこに行こうか悩む素晴。

花壇の中に一つだけ何も植えられていないプランターを見つけます。伏せてあったプレートを確認すると、

(出典:©みなつき・二ツ家あす・COMICポラリス/ひざうえ政策委員会)

そこには「徳島県」とだけ書かれていました。

徳島・・・。それは、素晴の両親が事故に遭ったことで行けなくなった旅行先。

素晴は徳島へ行くことを決めます。

 

旅行準備

川瀬さんに徳島へ行くことを告げると、旅行の間のハルについて尋ねられます。

そこまで考えが回っていなかった素晴は、ななさんからアドバイスをもらってペットホテルに預けることを検討します。

しかし、キャリーバックに入れようとするも、ハルが暴れてうまくいきません。

(出典:©みなつき・二ツ家あす・COMICポラリス/ひざうえ政策委員会)

これは・・・無理だ・・・。

あっさり諦めた素晴は、留守中の世話を大翔に頼みます。

(既に不安しかないわけだが・・・)

 

滞在するホテルを探してくれていた川瀬さんから電話が掛かってきました。

その内の一つ「四島荘」の名前を聞いた瞬間、両親が最後となった旅行に行く直前、素晴に教えた連絡先の旅館だったことを思い出します。

「四島荘がいいです」

両親を想い、四島荘に泊まることを決めました。

 

両親の想いを求め、いざ徳島へ

徳島の四島荘に到着した素晴。

旅館の仲居さんから、以前にも一度予約していたことを聞かれます。珍しい苗字だったことから憶えていたそうです。

さらに、両親が二名ではなく三名で予約していたことを知ります。

母はいつでも一緒に行けるように準備していたことに気づいた素晴。「ここには何を見に来たんだろう」と、両親の辿ろうとしていた場所を考えます。

藍染のパンフレットを見ていたとき、仲居さんから「青が好きですか?」と尋ねられ、素晴は青いセーターを選んでくれた母のことを思い出していました。

 

藍染のお店を見学していると、染めた生地を干してある場所に行き着いた素晴。その鮮やかな光景を目にした素晴は亡き両親に思いを馳せ、

(出典:©みなつき・二ツ家あす・COMICポラリス/ひざうえ政策委員会)

「母さん、父さん、ぼくと一緒に来たかったのは、ぼくと一緒に見たかったのは、ここですか?いくら考えても、何度聞いても、答えは返ってこない。

だけど、きっと――」

両親を想い涙を流すのでした。

 

朝にはきっと・・・

パソコンの上で目を覚ますハル。

外はもう真っ暗。

「あの子まだ帰ってきてないの?」

そう思いながらも、

「でもきっと大丈夫。朝になったら帰ってくる。今までだってそうだったもの。だからきっと・・・」

あ~、フラグはやめておくれ。それは言ってはいけないセリフだよハルちゃん。

 

素晴はかならず帰ってくることを信じてるハルは、

(出典:©みなつき・二ツ家あす・COMICポラリス/ひざうえ政策委員会)

素晴のニオイがするカーディガンを引き寄せ、素晴の温もりを確認するかのようにくるまって眠るのでした。

 

旅館の女将さんから家の花壇に植える藍を貰い、帰ろうとした素晴でしたが、まさかの天候不良で空港の便は全て欠航・・・。

 

さっそくフラグ回収。

という続きが気になるところで第11話は終了。

 

まとめ感想

はい、ということで第11話の内容はこんな感じです。今回はほぼ素晴目線でストーリーは展開されました。ハルちゃん目線は2、3分だけでしたね。

ハルちゃん成分が足りん・・・。でも、少ない出番でもしっかり視聴者の心は掴んでくるその究極の可愛さはさすが。素晴のカーディガンに包まってる姿は可愛すぎです。

そのハルちゃん効果で人として大きく変わり始めている素晴は、両親の自分への想いと、深い愛情にも気づけるようになってきました。

穏やかな表情を見せる機会が明らかに増えてますよね。1話の頃とはかなり違います。

で、その想いと向き合う・・・というより、両親の想いを一つずつ拾っていくかのように、徳島に訪れたように思えます。

両親が見ようとしていたものを辿ることによって、心での会話をしてたのかもしれませんね。

さてさて、それはすごく感動したのですが、問題は来週です。家でお留守番中のハルちゃんは素晴が朝には帰ってくると思っていますが、どうも難しそう。予告を見ると何かすごい大変なことになってるんだけど・・・。

気になりすぎて辛いです。

というか、次が最終回かっ!!!来てほしくなかった。でも、早く見たい・・・。そんなモンモンとした気持ちですけど、楽しみに次回を待つことにします。

おわり。

[blogcard url="https://yurutokip.com/post-1339/ "]

-アニメ

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5