5月

2人目の五月人形はお下がり・共有で大丈夫?【次男以降にピッタリの節句飾りも紹介】

2人目(次男)以降の男の子にも五月人形は必要なのか?

✓2人目の子にも新しい五月人形を用意した方がいい?
✓五月人形は兄弟で兼用?
✓次男や三男の子にはどんな五月人形を選べばいいの?

こんな疑問を解消します。

 

男の子が主役のお祝い「端午の節句」。初めて男の子が生まれた際には、『五月人形』を用意されたご家庭は多いと思います。

疑問なのが2人目以降、次男や三男が生まれた時です。「長男や父親のお下がりではダメなのか」「人数分用意する必要があるのか」…とても悩みますよね。

五月人形の意味を考慮するとお下がりは望ましくないのですが、現代では絶対NGというあわけでもありません。

 

このページでは、2人目、3人目の五月人形はどうすべきかについて解説します。

五月人形が2人目、3人目の男の子にも必要と言われている理由

次男や三男が生まれた場合、多くのご家庭には長男が生まれた際に購入した五月人形があると思います。その場合、「2人目の子供にも新しく人形を購入した方がいいのか」と悩まれる方が多いようです。

 

置く場所や収納場所、あとは購入費用のことを考慮して、「お兄ちゃんのお下がりでいいか」と思われるかもしれません。

しかし、五月人形は一人にひとつずつ用意するのが理想的とされているのです。

 

「身代わり」の役割を持つ五月人形

五月人形は”我が子の健やかな成長”を願って飾られるお守りのようなもの。また、雛人形のように子供の厄や災いを代わりに引き受ける「身代わり人形」としての役割も持っているのです。

 

お下がりの五月人形というのは、既に誰かの厄を引き受けている可能性があるわけで——

『 厄を引き受けた五月人形の継承=兄弟や父親の厄も一緒に引き継ぐ 』

と言われています。確かにこれではお守りの役割を果たせるのか疑わしいです

 

このような理由から、五月人形の共有と継承はあまり望ましくないされています。五月人形は長男・次男、兄弟それぞれに用意するのが理想的なのかもしれません。

 

現代では絶対NGとは言えない

とはいえ、男の兄弟が多いご家庭の場合、全員に立派な五月人形を用意するのは経済的な負担が大きくなります

それに、昔と違い現代ではアパートやマンション住まいのご家庭も多く、その場合は飾る&収納スペースの確保が困難なのが現実…

 

特に高価な五月人形の場合は、先祖代々の守り神のように受け継がれているケースもありますよね。

 

時代の移り変わりと共に様々な環境が変化しました。それぞれのご家庭の事情も異なります。

昔の伝統を守るのも大切ですが、今はご家庭の事情に合った五月人形を用意してお祝いするのが一般的になっているようです。

 

2人目(次男)からの五月人形はどうする?

理想としては長男に限らず次男、三男にも立派な五月人形を用意するのが望ましいです。しかし、現代では経済面・スペース問題のハードルが高いのも事実。

それでは、実際に兄弟がいるご家庭では五月人形をどのように用意しているのでしょうか?

 

兄弟それぞれに用意するならコンパクトな五月人形

最近は五月人形も現代事情に合わせて進化しており、兄弟それぞれに用意するならコンパクトなものがおすすめ

実際、今はアパート住まいでも飾りやすいミニサイズの五月人形が人気を集めています。

 

小さい五月人形をおすすめする理はこちら▼

コンパクト五月人形のメリット

  • 小さいから飾る場所を選ばない
  • 複数の五月人形を並べて飾りやすい
  • 収納も省スペースで済む
  • 昔ながらのタイプより価格がリーズナブル

などがあります。

 

兄弟であまり差をつけたくないと考えてるご家庭も多いと思います。1人目からコンパクトな五月人形にしておくことで、もし将来家族が増えたとしても兄弟それぞれに用意しやすくなりますよ。

ちなみに、小さいとお守りとしての効果が薄れるなんてことは無いのでご安心を。

 

こちらの記事▼で、おすすめのコンパクト五月人形を紹介してますので参考にしてください。

洋室に馴染むコンパクト&おしゃれな五月人形【おすすめ5選】

続きを見る

 

2人目からは武者人形や金太郎人形、弓太刀などの小物アイテムを贈る

長男には格が高い鎧飾りや兜飾り。次男からは武者人形や金太郎人形などの小さめの人形、もしくは弓や太刀などの小物系というように、贈るアイテムを分けているご家庭も多いようです。

長男にも次男にも鎧・兜飾りを選んでしまうと、どうしても差が気になってしまうもの。なので、兄弟では別のアイテムを選ぶのがおすすめ。

 

それか、五月人形と並べると見栄えがよくなる「つるし飾り」を選ぶのもいいかもしれません。

 

五月人形にはどんな種類がある?【兜や鎧、金太郎を端午の節句に飾る意味】

続きを見る

 

兄弟それぞれに名入れの「木札」や「名前旗」を用意する

兄弟に一つずつ五月人形を用意するのが厳しい場合は、お子さんの名前と生年月日を入れられる「木札」や「名前旗」がおすすめ。

五月人形自体は共有の飾りにして、その代わりとして名入れできる名前札を兄弟それぞれに用意するんです。これなら兄弟で差が生じることもありません。

 

木札や名前旗は別途購入可能です。五月人形をいくつも購入するより家計に優しく、スペース問題に悩まされることもありませんよ。

 

長男や父親の五月人形を引き継ぐ

前提として、五月人形は災いを代わりに引き受けるというお守りとしての役目を担っているため、お下がりにするのは望ましいことではありません。

 

ただ、中には代をまたいで五月人形を引き継ぎいでいきたいというご家庭もあると思います。

その場合は、これまで長男や父親を見守ってくれたことに感謝して、これからは次男や三男を守ってくださいという気持ちを込めて飾るようにしましょう。

 

2人目以降の五月人形はご家庭の事情に合わせて選ぶ

2人目のお子さんの初節句を迎える際に困るのが、五月人形を新たに購入すべきかどうか。基本的な考え方としては、五月人形は「身代わり」や「御守り」の意味を持つため、兄弟それぞれに一体ずつ用意するのが理想です。

しかし、家計の負担や飾る&収納スペースも考慮する必要があり、立派な五月人形をいくつも用意するのは不可能なケースも少なくありません。

 

その場合は、コンパクトな五月人形を選ぶのが一番のおすすめ。もしくは、2人目からは武者人形や金太郎人形を贈るケースも多いです。

共有と継承は望ましくありませんが、五月人形は共有にして兄弟それぞれに名前札を用意するという方法もあります。引き継ぐ場合はこれまでの感謝とこれからの願いを込めて飾りましょう。

 

伝統的な形を守るのも大切。しかし、「子供が元気に成長して欲しい」という我が子を想う気持ちが何より大切です。何のために、誰のために飾るのかを考えながら、お子さんのための五月人形を選んでください。

 

端午の節句の関連記事は下記にまとめてありますので是非参考にしてください。

端午の節句の関連記事まとめ

おすすめ記事五月人形を飾る時期はいつからいつまで?【飾る場所のポイント・注意点】

-5月
-

© 2021 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5